記事一覧

間違えた判断の積み重ねが国を亡ぼす

3月29日(水)

 昨日、大阪高裁で高浜原発の運転差し止め仮処分を下した大津地裁の判決が覆され、一転して高浜原発の再稼働が可能になる判決が下されました。福島第一原発の教訓を忘れ、日本は再び、原発安全神話の国に逆戻りしてしまったようです。

 福島第一原発の教訓は、あらゆる事態を想定しても、それ以上の事態が起こりうるということでした。そして一度、原発事故が起これば、それは取り返しのつかない事故になり、二度と回復しようがないということです。

 事故がすぐに起こらないとしても、原発を稼働させれば、使用済み核燃料が確実に溜まっていきます。その処理方法はありません。また、点検をするたびに作業員は確実に被爆します。そんな危険を労働者に強いる原発を稼働させていいはずはありません。

 どうして政府は再稼働を急ぐのか。国民のことより経済を優先しているからに他なりません。原発を所有している電力会社は日本を代表する大企業です。その株をたくさん所有しているのが銀行です。

 原発が再稼働できれば、電力会社にとって原発は財産です。しかし再稼働ができなくなれば、単に、大金をかけて廃炉処分をしなければならない負債となります。

 そうなれば、電力会社はいっきに債務超過となり上場廃止となります。それで困るのは大株主の銀行ということになります。それを阻止するために無理やり再稼働をさせようというのが真相です。

 大企業を守るために、国民生活を犠牲にしていいはずはありません。

 全く間違えた判断という点では一緒なのが、昨日、国連で始まった「核兵器禁止条約」制定交渉会議に日本が議論にも加わらないという判断をしたことです。

 唯一の被爆国として核兵器廃絶に向けて先頭に立たなければいけない日本が、またまた米国に過剰に配慮して、テーブルにすらつかないという判断をしました。情けないを通り越して、怒りが湧いてきます。

 核保有国が参加していないから、日本が参加しても意味がないというようなことを外相は言っていましたが、ようするに米国がダメと言ったから、参加しないということです。これでは、日本はどこの国からも相手にされません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで