記事一覧

どちらがウソをついているのか、はっきりさせてほしい

3月23日(木)

 今日、証人喚問が行われました。午前は参議院、午後は衆議院で籠池証人に対して、質問が行われました。

 焦点は二つでした。本当に100万円が渡されたのか、政治家の介入があったのかどうかの二点です。

 まず、一点目、幼稚園での講演の後、昭恵夫人から100万円をもらった時の状況について、籠池証人が細かに発言しました。人払いをして二人だけの時に100万円もらったという話ですから、事の真相は二人しか分からないことになります。

 もう一方の昭恵夫人の方はマスコミの前に出てきていません。菅官房長官が夫人の発言を代弁するだけですから、ここは昭恵夫人もマスコミあるいは国会に出てきて発言する義務があると思います。

 二つ目の政治家の介入ですが、これは総理あるいは総理夫人が関与した可能性があるのかどうか、とその他の政治家の介入があったのかどうかの二点でした。

 総理夫人が介入したのではないかという話でファックスの存在が明らかになりました。籠池証人が昭恵夫人に電話をし、それを受けた形で昭恵夫人の秘書の役割を果たしていた公務員が、役所に働きかけたという事実が明らかになりました。

 ファックスでは、相談を受けたことに対しての返事はノーとなっていました。これを受けて自民党では「関与はなかった」としています。しかし、その後の展開では籠池証人が「神風が吹いた」と言っているようにスムーズに進んだということですから、役人の忖度があったのか、他の働きかけがあったのかどうか、これからさらに精査しなければなりません。

 安倍総理は森友学園について私、あるいは夫人が関与していたことが明らかになれば、総理はもとより国会議員も辞めると国会で見えを切っています。ファックスや献金について、さらに調査が必要です。

 今日の証人喚問では、総理以外にも沢山の政治家や役人の名前が出てきました。これらの人たちにもどういう役割を果たしたのか、そうではなかったのかはっきりさせなければなりません。

 与党の質問は証人がいかに信用できない人間かに焦点が当てられていました。それまで、その思想故に持ち上げていた人間を、掌を返したように、ウソつき呼ばわりするのですから、こちらも信用できません。

 いずれにせよ、たった一人の人間の証人喚問を一回だけしても、真相は明らかにはなりません。第二第三の証人喚問をしなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで