記事一覧

驕る平家は久しからず

3月17日(金)

 昨日、籠池理事長から、驚くべき発言がありました。

 小学校建設にあたり、安倍首相夫人から森友学園に100万円の寄付があったというのです。明恵夫人が講演に行った際に、受け取った、と昨日、参議院の視察団に説明しました。

 これまで安倍総理は「学園建設に一切かかわっていない」と言い切っていただけに、もしこの発言が事実だとすれば、総理が国会でウソの答弁をしていたことになり、ことは総理に進退に及ぶ可能性があります。

 この発言を受けて自民党はそれまで頑なに拒んでいた参考人招致を、さらにハードルが高い証人喚問にして受け入れました。証人喚問となれば、偽証罪がありますから、ウソをつけば刑事罰になります。それだけ発言に信憑性が増すわけで、来週に行われる喚問が注目されます。

 そもそもとても庶民の味方とは言えない、財務省が異例の厚遇で、森友学園に土地をただ同然で払い下げたというところからこの問題は発生しています。あれだけ厳しい財務省が、森友学園に限り、なぜ、厚遇をしたのか、ここが焦点です。

 しかし、今回はこれに加え、総理の発言が事実であったのかどうかが問われることになりました。「驕る平家は久しからず」という言葉がありますが、まさに高支持率で絶頂にあった総理にも、瓢箪から駒で、こんなところから、失墜することもあり得るということで、まさに政界は一寸先は闇です。

 もう一人、身体が窮している大臣がいます。稲田防衛大臣です。ウルトラ右翼ということで安倍総理に優遇されてきた稲田大臣の資質が、問われています。

 森友学園の件でも、籠池夫妻とは関係がないといっておきながら、実は顧問弁護士をやっていたり、籠池氏の裁判にまで出ていたことが明らかになりました。「私の記憶によれば」、と前置きをして発言し、ウソだとばれると、記憶違いと逃げる、とんでもない人です。

 その方がトップの自衛隊も隠ぺい体質があきらかになりました。南スーダンからの報告を巡って、実際には記録が残っていたのに、廃棄したと平気でウソをついていました。かつての大本営発表ではありませんが、戦況について平気でウソをつくという遺伝子が、いまの自衛隊にも残っていたのかと呆れてしまいます。

 稲田大臣は特別監査を実施すると息巻いていますが、それ以前に、ウソの報告を受けるなど自衛隊内から全く相手にされていないことが明らかになりました。シビリアンコントロールが全くきかない自衛隊を海外に派遣する危険性が、今回のことで一層明らかになりました。一刻も早く稲田さんには辞めてもらわなければなりません。

 安倍さんは党大会で総裁任期を伸ばすことに成功しましたが、制度は出来ても、長く続けば、ぼろが出てくるということが近々証明されそうです。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー