記事一覧

ゴルフ以外に何もなかった首脳会談

2月13日(月)

 鳴り物入りの日米首脳会談が終わりました。

 安倍・トランプ両人の何か分かりませんが、やたら親しそうな写真が溢れ、日米関係がこの訪問によってより深まったという報道がなされています。

 トランプが大統領選の最中に日本を防衛費や輸出について厳しく批判していたので、安倍総理は、就任前にいち早く訪米しました。しかし、訪米直後に安倍さんが切望していたTPPについてトランプは離脱を表明し、事前訪米は失敗に終わりました。

 したがって、今回も首脳会談で日本に無理難題を吹っ掛けるのではないかという、懸念がありましたが、それがなかったというだけで高い評価がなされているようです。

 仲が悪いより仲がいい方がいいに決まっています。でもどんな人間を友達に選ぶかによって、選んだ側も評価されます。当然、評判のいい人と友達になれば、その人の評価も上がります。

 しかし、ことトランプに関して言えば、米国内でも入国禁止を巡って大きな批判が起こっています。ドイツ、フランス、イギリスなどでも、政府、国民両方からブーイングが起こっています。

 日米同盟が本当に同盟関係にあるのなら、それを深めるために、間違えていたら間違いだと指摘することが大事です。

 好きなゴルフだけやって、触れたくない事には触れないでは、本当の友好関係には発展しません。

 ところで、今回の首脳会談では、尖閣列島に日米安保条約を適用されるかどうかが注目されました。大統領選中に日本の負担が少なすぎるとの発言があったからです。

 それが、一転して、尖閣を守るために核兵器を使うことも躊躇しないと変わりました。これが何よりの成果だと言っているマスコミもありました。しかしよく考えれば、核戦争に反対している日本の立場と矛盾しています。

 経済問題については、副大統領と副総理との間でこれから協議するということが決まっただけです。せっかく会ったのですから、ここでも日本の立場を明確にする、というのが本来の外交だと私は思います。

 仲良くなることだけが目的の外交などありえません。

 今度の日米首脳会談によって、ますます、日本は米国の属国という感が、他の国に広がるのではないでしょうか。とても喜んでなどいられない会談だったと私は思うのですが。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nify.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー