記事一覧

信用できないトランプに51兆円もプレゼントする呆れた安倍総理

2月3日(金)

 今日の新聞を見て驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 10日から安倍総理がトランプと会うことはすでに報じられています。どんな手土産を持っていくのかが注目されましたが、中身は手土産どころではありませんでした。

 なんと我々の年金資金などを使って、米国のインフラへ投資をしてトランプのご機嫌をとろうというのです。

 テキサス州などへの高速鉄道への協力や地下鉄車両の更新などに10年間で17兆円も投じるというのです。この内、どれくらいの額を日本が負担するのか今日の新聞記事では明らかではありませんが、恐らく、殆どを日本が負担するものと予想されます。

 これ以外に、原発などを米国と一緒に他の国に売り込むプロジェクトにやはり10年間で22兆円、この他、ロボットと人工知能(AI)の連携に6兆円など、計10年間で51兆円を投じ、米国で70万人の雇用を創出すると謳っています。

 10年間で51兆円ということは一年間で5兆円です。日本の毎年の防衛費と同じ額を米国に投じるという話です。

 恐らく、負担を日米でどう分担するのか、これから話し合いということになるのでしょうが、日米の力関係を考えれば、殆どが日本側の負担になることが予想されます。

 政府部内でも、「これでは朝貢外交」だという批判が出ているようですが、本当に酷すぎます。

 これまでにも安倍総理は外国に行って大盤振る舞いをしてきました。その集大成が今度の米国投資です。安倍さんは自分が大統領にでもなったつもりでしょうか。

 日本の資金はまず第一に国民の生活安定に使われなければなりません。それに日本には1000兆円を超す借金があります。余分なお金があったら次世代のために借金の返済に回さなければいけません。

 そうしたことには全く関心のない首相が、自分のお金のように外国に年金資金や外為特会を使うというのが本当に許されるのでしょうか。国会での審議もなしに、焦げつけば全て国民にツケがまわるような投資を勝手にしていいのでしょうか。

 そのご褒美なのかどうか知りませんが、安倍さんは米国にいって大統領専用機に乗せてもらいゴルフを一緒にするようです。日本からは政府専用機で行くのですから、その間、日本の政府専用機はどうするつもりでしょうか。

 とても信用できないトランプにここまで肩入れして、あとで恥をかくのは日本国民です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー