記事一覧

非道のトランプに抗議の一つも言えない情けな総理大臣

2月1日(水)

 トランプ大統領が入国禁止令を出し、米国のみならず世界中に混乱が広がっています。この常軌を逸した大統領令に日本国内でも多くの人が怒りを抱いているはずです。

 ところが、安倍総理大臣も岸田外務大臣も、「米国の国内問題だから、口を出すわけにはいかない」とだんまりを決め込んでいます。

 10日にトランプ大統領との会談を控えているので、大統領を刺激したくないから、などと新聞は訳知り顔に解説していますが、そんな問題ではないでしょう。

 まず間違いは、米国の国内問題ではありません。入国を禁じられたイランなどの国があるのですから、国内問題ではなく外交問題です。

 言論の自由と同様に人間には行動の自由があります。どこかの国に住んでいるからという理由だけで移動の自由が奪われるとすれば、これは間違いなく人権問題です。

どこの国の国民であれ、米国の大統領令によって人権侵害をされたら、それに対して、為政者はきちんと抗議をしなければいけません。抗議をしないということはトランプの暴挙を認めたということになります。

もっとも日本は大きなことは言えないという事実があります。日本では米国よりずっと前から難民をほとんど受け入れていません。欧州諸国は困難を承知で難民をたくさん受け入れてきました。

これに対して日本は、難民受け入れほとんどゼロという政策を貫いてきました。恥ずかしい話です。もっと前から難民受け入れについて、日本国内できちんと話をしなければならない問題でした。

日本で働く外国人が100万人を超えたと報道されていました。この中には技術研修という名前で、不当に安い賃金で単純労働につかされている外国人が多数います。

単純労働は認めないと、言っておきながら、実際には技術研修という名目で安い労賃で単純労働につかせている。こんな姑息なことをずっとやってきたのが日本です。

だからその日本の総理や外務大臣が非道のトランプに文句ひとつも言えないというのを怒っても仕方がないのかもしれません。

もっと前からきちんと私たちが声を上げていれば、こんな時にも堂々と発言ができたはずです。米国大使館の前に日本でも抗議の人が詰めかけました。ニュースで見た限りでは、そこに日本人の姿は見えませんでした。これも恥ずかしい話です。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー