記事一覧

独りよがりの安倍総理

12月16日(金)独りよがりの安倍総理

 鳴り物入りでプーチン大統領を故郷へ迎えましたが、大山鳴動して鼠一匹でなかったというのが、今回の日ロ首脳会談の結果でした。

 たった一日の滞在ならば、わざわざ山口に行って、多額の警備費用を掛ける必要が本当にあったのか問われなければなりません。

 今月末のパールハーバー訪問も、そこでオバマ大統領と同席するところに、安倍総理にとっては意味があるようです。

 どちらも中身よりも、自分が世界のリーダーと肩を並べる大物になったということを示したいがためのパーフォーマンスに見えてしまうのは、私だけでしょうか。

 言うまでもなく、今回の日ロ首脳会談の主要テーマは北方4島の帰属問題と、日ロ平和条約の締結です。何の進展もないままに日本が一方的に経済協力を約束したのでは、一体何のための会談だったのか、全く意味が分かりません。

 これまでも安倍総理は何回も海外を訪問してきました。日本の総理が海外に出かけその国の首脳と会談するのは、基本的にはいいことです。

 しかし、安倍総理の場合は、どこにいっても資金援助を約束するだけです。日本国内に経済問題がないのならまだしも、6人に一人の子供が貧困に苦しんでいるとき、総理はもっと国内問題に真剣に目を向けるべきではないでしょうか。

 国会では、カジノ法を持ち出すまでもなく、安倍自民党は数の力で、強行採決を繰り返してきました。安倍総理の議論を無視した発言を聞いても、安倍総理はますます独りよがりになっているような気がします。

 自民党内でも制御不能になってしまった総理に対して、今ほどしっかりと野党がチェック機能を果たす必要を迫られているときはありません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー