記事一覧

米国の大統領選挙を笑えない日本の現状


cheap jordans
wholesale nfl jerseys
stainless jewelry wholesale
cheap nfl jerseys
cheap Nike Air Huarache shoes
pompy wtryskowe
bombas inyeccion
Air Jordan 11 72-10 Retro Black Gym Red White
air jordan 5 low chinese new year
cubic zirconia wholesale
cheap air yeezy 350 boost
Authentic MCM Backpack for Sale
air jordan 12 cheap
cheap ugg boots
jordans for sale
10月12日(水)

 米国の大統領選挙の討論を見ていると、本当に米国もここまで落ちたかと思わざるを得ません。

 お互いがお互いを罵りあう、二人とも大統領の候補に選ばれた人のはずなのに、何とも情けない姿を晒しています。

 この二人から選べと言っても無理という人がかなりいるのではないでしょうか。誰かもっとましな候補がいるはずなのに、そうならないところが米国の大統領選挙のおかしなところです。

 米国のことを笑ってばかりはいられません。いま日本のテレビはどこのチャンネルをひねっても小池、小池で沸いています。

確かに、小池さんは豊洲移転の問題点を暴き出しました。しかし、着地点はまだ分かりません。下手をすると、結局、東京都のどこに問題があったのか分からないまま終ってしまう可能性もあります。

 それでも、毎日、小池さんのことを取り上げ、その注目の小池さんが補選の応援に駆け付ければ、そればかりをテレビは取り上げます。

そうなれば、残念ながら民進党の候補は埋没してしまい、結局、小池さんに反対をしていた自民党が勝利してしまうという、ばかげた結果になってしまいます。

 このテレビの不見識を何とかしないと、まっとうな選挙にはなりません。参議院選挙の時には舛添前都知事の問題ばかりが取り上げられ、投票率が下がり、自民党が勝利しました。

 こんなことを繰り返しているのでは、米国の大統領選挙を笑えません。

 政治のことを自分のこととして考える国民が増えなければ、政治はどんどん劣化してしまいます。そして政治の劣化の結果は未来の子供たちが全部背負わなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー