記事一覧

東京都に象徴される日本の劣化


cheap jordans
wholesale nfl jerseys
stainless jewelry wholesale
cheap nfl jerseys
cheap Nike Air Huarache shoes
pompy wtryskowe
bombas inyeccion
Air Jordan 11 72-10 Retro Black Gym Red White
air jordan 5 low chinese new year
cubic zirconia wholesale
cheap air yeezy 350 boost
Authentic MCM Backpack for Sale
air jordan 12 cheap
cheap ugg boots
jordans for sale
10月1日(土)

 築地市場の豊洲移転を巡って、昨日、小池知事が調査の結果、誰が盛り土を地下空間に変えたのか、特定できなかったと発表しました。

 豊洲はもともと東京ガスの工場跡地で、移転の前から土壌汚染が問題になっていました。

 当初は土壌汚染があるから食品を扱う市場を移転するのは無理ではないかという反対意見が出ていましたが、他に適当な場所がないということで豊洲に決まった経緯がありました。
 
 したがって、豊洲移転は汚染土を除去し、その上に汚染されていない土を盛り土するというのが建設条件でした。

 そして、誰がもきちんと盛り土をされた上に建物が建設されたものと思ってきました。小池さんが知事になってから、あれよあれよという間に、実は盛り土はなされていなかったということが明らかになりました。

 そして冒頭の調査となった訳です。盛り土の予算もついています。地下を作るには設計を変えなければいけません。当然、何人もの人が、この事実を知っていたはずです。

 これだけ重要な変更を、歴代市場長は知らなかったと言い張っています。東京都の幹部も知らなかったと、きっと主張しているのでしょう。

 あまりの無責任さに開いた口が塞がりません。盛り土に充てられるはずのお金は一体どこに消えたのでしょうか。

 小池知事は、段階的に空気でそうなってしまったようだとコメントしていましたが、行政の決定が空気のように、知らぬ間に変わってしまったのでは、全く行政を信用できなくなってしまいます。

 同じように、オリンピックの費用も当初、7000億円程度と言われていたのが、精査すると3兆円以上かかりそうだという報告もなされました。

 「どうせ税金で自分のお金ではない」という考えを都庁の幹部全員が、持っていたとしか思えません。情けない話です。都民のお金を預かっているという認識が皆無だったと言わざるをえません。

 日本の官僚は優秀だと、ずっと言われてきました。それがいつのまにかこれほど劣化していたとは、暗澹たる思いです。

 かつては経済一流、政治二流と言われましたが、いまでは経済、政治、官僚併せて三流となってしまったようです。

 そんな時に「世界一をめざそうではありませんか」と国会で連呼する総理を、スタンディングオベーションで称える自民党議員が圧倒的多数を占めているのですから、嫌になります。

 何とかしないと、次世代の人たちの生活が成り立たなくなってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー