記事一覧

安倍さん、国内政治を放ぽって外遊三昧

9月2日(金)

 今年の台風は例年の通り道と違って東北や北海道を直撃するケースが増えています。今回の10号も東北と北海道に多大な被害を及ぼしました。

 そしてまた、新しい台風が、今度は九州地方を襲いそうです。台風に地震と日本列島は本当に自然災害に常に備えていなければいけない運命を背負っています。

 東北や北海道では今日も、行方不明者の捜索が行われています。普段、豪雨に慣れていなかった地域だけに、より被害が大きくなったようにも感じられます。

 さて、北海道のように台風が三つも襲って多大な被害が出ていれば、総理大臣がすぐに飛んで行って、対策を打つというのが普通です。

 ところが、皆さんもご承知の通り、このところほとんど安倍総理は日本にいません。つい先日帰ってきたと思ったら、今日はまたロシアに行くそうです。一週間帰ってきません。

 総理がいろいろな国に出かけて、日本の立場を表明するというのは大事なことです。だからそれを批判するつもりはありません。しかし、余りに国内政治を軽視し過ぎているのではないでしょうか。

 国内に問題が無いわけではありません。いやむしろ、アベノミクスの崩壊局面も近く、その対策をいまから打っておかなければいけない大事な時期だと私は認識していますが、そんな危機感は総理には全くないようです。

 また、もう一つ心配なことは、マスコミ報道によれば、総理は言った先々で経済援助の大盤振る舞いをしています。アフリカには民間と合わせて約3兆2千億円の援助をすると報じられました。

 軍事で貢献するより、経済で貢献することが大事だと私は思っていますから、これも一概に反対するものではありませんが、その援助はどこまでが国が負担する、すなわちどれだけの額が国民負担になるのかが、明らかではありません。

 もし、国費を援助に導入しているのであれば、きちっと国民に説明する必要があります。

 また、その内容についても、一部では軍事的な援助が含まれるとも報じられていますから、きちっと国民に説明する必要があります。

 外遊の費用もあれだけ頻繁であれば、そうとうな額になるはずです。マスコミは一度批判しだしたら止まりませんが、どこも触れなければ、横並びで、どこも報道しません。これでは権力のチェック機能は果たせません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー