記事一覧

女性政治家の時代

8月10日(水)

 今日も猛暑で、まさに夏、真っ盛りです。もうすぐお盆ですから、夏休みを取っている方も多いのではないかと思います。ゆっくり英気を養って下さい。

 自民党では内閣改造も終わり、安倍さんは二度目の夏休みに入ったそうです。

 一方、民進党は9月の代表選挙に向け、走り出しています。

 蓮舫さんが立候補を表明しました。東京都にも知事も女性知事が誕生しました。アメリカ大統領選挙もヒラリー氏が民主党の候補に決定しました。

 アジアではお隣の韓国では朴槿恵さんが大統領になっていますし、フィリッピン、インドネシアでも女性大統領が既に誕生しています。タイでも女性首相が生まれていますし、ミャンマーでも首相にこそなっていませんが、スーチーさんが実権を握るに至っています。インドでは随分昔に女性首相が誕生しています。

 その面では日本は随分遅れていました。民進党はやっとこの流れに乗ることが出来ます。

 ここまで書いていた時、ちょうど、蓮舫さんから電話がありました。なんというタイミングでしょう。「直接、立候補したということを伝えたかった」ということでした。

 「いまブログに女性政治家の活動について書いていたところです。周りを余り気にせず、日本の政治体質を変えてください」「地元を回っていると、まだ民進党に対する信頼が十分には戻っていません。信頼を取り戻すべく頑張ってください」とエールを送りました。

 政治家が嫌われているのは、なんとなく胡散臭いとか、お金に汚いとか、信用できないとかが、もっとも大きな理由のようです。その点、女性は、男性政治家の弱点を補ってあまりがあります。

 民主党、民進党を通じて初めての女性代表に蓮舫さんがなる可能性が高いと思います。新しい政治を新しい代表で作っていくよう、私も頑張ります。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー