記事一覧

取りまきイエスマン内閣発足

8月4日(火)

 昨日、第三次安倍内閣が誕生しました。

 まずびっくりしたのは、自民党の役員人事でした。谷垣幹事長がけがで療養中を受けたものでしたが、露骨に安倍総理を“よいしょ”していた二階さんが、幹事長になりました。

その他、細田総務会長、茂木政調会長、古屋選対委員長と、みな安倍さんの取りまき、もっと言えば、安倍さんのいうことに「ノー」を言わない人だけを役員にしたという人事でした。

同じように内閣改造の顔ぶれを見ても、“ヤングマンならぬイエスマン”のお友達ばかりを相も変わらず、ずらっと並べただけの組閣でした。

今度の内閣改造の最大の目標は安倍総理の任期延長にあるようです。憲法改正もさることながら、安倍さんは東京オリンピックに並々ならぬ意欲を持っているようです。東京オリンピックは、このままいけば、安倍さんの任期が終わった後に開催されます。

それでは開催国の総理になれません。だから自民党の規約を変えて、もっと長く総理をやらしてくれということのようです。だからこそ、任期延長にいち早くイエスをいった二階さんを幹事長にしたのでしょう。

いまだに支持率が高く、参議院選挙も勝利し、最強の内閣と言っているマスコミもあります。では国民にとって安倍総理になって、本当にいいことがあったのでしょうか。

格差は広がり、日銀の節操のない緩和策はいつ破たんしてもおかしくない状況です。破綻すれば、そのツケは全て国民に回されます。それでも安倍さんを支持するのは、“反知性主義”だと私は思うのですが、どうでしょう。

唯一の希望は安倍さんが自分の任期延長を確実にするために解散総選挙をする可能性があることです。

前回の参議院選挙では3分の2の意味を知らない人がたくさんいたということです。今度こそ徹底して、憲法改正をしたら国民生活がどのように悪化するのかということをしっかりと訴えて勝利しなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー