記事一覧

改憲阻止の国民投票に備えましょう

7月11日(月)

 参議院選挙が終わりました。恐れていたように改憲勢力が非改選も入れて3分の2以上を占めてしまいました。

 これで、安倍総理はいつでも改憲という切り札を切れるようになってしまいました。実際に憲法を改正するのは手続きが煩雑で難しいのは事実ですが、ともかく総理の一存で改憲の発議ができるようになってしまったことは大きいです。

 安倍さんの望みは最初から改憲です。それも憲法9条を変えるというのが安倍さんの望みです。任期中に改憲したいという思いを再三述べていますから、いつの時点か分かりませんが、必ず、改憲を持ち出してくることは間違いありません。

 どういう改憲になるか。ともかく憲法を変えた総理として名前が残ればいいという考え方もあります。その場合には環境権など、反対がほとんどない項目を「加憲」するというということも考えられます。

 改憲をするためには国民投票をしなければなりません。発議をして国民投票に付して負ければ総理は退陣です。だから、改憲をする前には衆議院を解散して、再度3分の2を取れるかどうか見るかもしれません。

 そこで勝てば、チャンスは一度ですから、自民党の改憲案をそのまま、出す可能性もあります。

 今回の投票は改憲が焦点にはなっていませんでした。しかし、これから経済状況はますます悪化することが予想されます。プーチン大統領が来ると言っていますが、北方領土が解決する見通しはありません。

 そうなれば、経済悪化から国民の目をそらすために、憲法改正に力を入れるかもしれません。

 最後には国民投票があるから大丈夫だと思っている方もいるかもしれません。しかし、今回の参議院選挙を見れば分かるように、今やマスコミは完全に自民党に牛耳られています。その自民党がマスコミを操縦すれば、現在は世論調査で改憲を支持する人が少数とは言え、将来もそうとは限りません。

 今から私たちは国民投票に備えるべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー