記事一覧

本当に憲法を変えていいのか、それが今回の参議院選挙の最大の焦点だ

7月6日(水)

 今日、いっせいに新聞各紙に参議院選挙の世論調査の結果が出ていました。それによると自公とお維新を合わせると、憲法改正に必要な3分の2を超えるという結果が出ていました。

 愕然とします。

 有権者の中には3分の2を取ったとしても、選挙で積極的に安倍総理が言っていたわけではないから、すぐに憲法改正には至らないだろうと、思っている方もいるかもしれませんが、それは甘い考えです。

 安倍さんは国会の答弁でも自分の在任中に憲法改正をするという発言をしています。したがって、選挙に勝てば、国民の信を得たとばかり、憲法改正に踏み切るのは間違いあません。

 私が衆議院議員として法律を作る時、いまの憲法があるからできない、という法律はありませんでした。環境に配慮した条文がないからといって、環境に関して法律が作れないわけではありません。環境の問題は憲法に書いてもいいですが、書かなくても環境基本法を作ればすむ話です。

 唯一、現行憲法の下で出来なかったのが、集団的自衛権の行使や、専守防衛を越えた先制攻撃など、武力によって国際紛争を解決することでした。これらは憲法9条を変えない限りできないことでした。

 安倍さんはそうした原則を無視して憲法違反の安保法を作ってしまいました。そして次は憲法9条を変えて、堂々と自衛隊を国軍として位置づけ、戦争が出来る国に変えようとしています。

 選挙に勝ったら憲法を変えるのかどうか、党首討論でしっかりと返事を聞きたいところですが、安倍さんは選挙応援で忙しいという理由で、党首討論に応じようとしていません。

 国民がしっかり考えないうちに、憲法を変えてしまおうという魂胆です。今度の参議院選挙で3分の2を与えてしまえば、確実に憲法が変えられ、日本の国の形が変わってしまいます。なんとしても、阻止しなければなりません。

 世論調査を見れば、憲法改正に賛成の人より反対の人が多いです。9条に至っては改正反対が賛成を大幅に上回っています。

 自民党や公明党が好きな人でも、憲法を変えたくないと思っている方がたくさんいるはずです。今回はどこの党がいいかを考えるよりも、憲法のことを考えて投票していただきますようお願いします。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー