記事一覧

英国のEU離脱投票を教訓としなければならない

ファイル 710-1.jpgファイル 710-2.jpg

6月30日(木)

 今日は新浦安で岡田代表と一緒に小西候補の応援をしました。

 私は英国のEU離脱を例に出して警告しました。すなわち、軽い気持ちでEU離脱に賛成票を投じた人が、結果に驚き後悔しているという報道がありました。日本の有権者もこれを教訓としなければいけない。

 前回の参議院選挙の時、安倍総理はアベノミクスで景気を良くすると訴え、選挙で勝ったら、選挙の時には何も触れていなかった特定秘密保護法案を作り、国民の知る権利を大いに侵害しました。

 次の衆議院選挙の時にも「この道しかない」とアベノミクスを訴え、やはり勝利したら憲法違反の安保法案を強行採決しました。

 そして今回です。今回もアベノミクスを加速するとだけ言っていますが、勝てば憲法改正することは目に見えています。

 安倍さんが目指している憲法改正は、国民を国の下に置く、極めて国家主義的な強権憲法です。そんなものが出来てしまえば、将来世代こそが最大の被害者になります。安易な気持ちで自民党に投票して、後で後悔してもはじまりません。ここはしっかりと民進党に投票してほしいと訴えました。

 また、もう一点、英国のEU離脱で株式市場は大混乱と前回書きましたが、その実、株式市場は1000円以上値下がりしてから、一転して4日連続で値上がりしました。これに騙されてはいけない、政府が介入して株価を支えているに違いない、選挙が終わったら株価はまた下がり、騙されたということになるので注意してほしいとも訴えました。

 何しろトヨタ自動車で1円、円が下がれば400億円の利益がでるといいます。逆に1円円が上がれば400億円の損失が出るということです。
円は、もう122円から102円へと20円上がった訳ですから、トヨタは既に8000億円の損失がでた計算になります。

 トヨタだけでこれだけです。この他の自動車会社、IT関連企業や家電などを合わせれば、その損失は膨大な額になるはずです。それにも係らず、株が暴落しないということは何らかの“人為的な力”が働いたとしか考えられません。騙されてはいけません。

 安倍さんはアベノミクスの果実で社会保障を充実させると言っていましたが、来年には確実に果実どころではなく、大幅な税収減が予想されます。その時、財源無くして、社会保障費は一体どこから出してくるというのでしょうか。

 これだけ見ても安倍さんがいっていることがいかにいい加減かが、お分かりいただけると思います。自民党に投票したら後で絶対に後悔します。禍根は将来にまで続きます。ここは熟慮をお願いします。

 ご意見、ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー