記事一覧

英国のEUからの離脱、がもたらす非寛容の社会の広がり

6月26日(日)

 みなさんもびっくりしたと思いますが、英国の国民投票でEUから離脱が決定しました。事前の世論調査でも接戦が予想されていましたが、総じて残留派が最後には多数を占めるだろうという見方が多かっただけに、離脱派が勝利したことが世界に衝撃を与えました。

 私は、いずれアジアもヨーロッパのようにAU(アジア連合)を結成したいものだと考えていただけに、その見本のヨーロッパで、統合から一転、離脱・分散の動きが、英国からさらにイタリア、スペイン、オランダ果てはフランスなどにも及んでいくのではないかと懸念します。

 EU結成までには長い流れがありました。ヨーロッパでの長い戦禍を経て、ヨーロッパが一つになることが、ヨーロッパの平和と安定のために一番だという合意のもとに、EUが結成されました。

 その後、通貨の統合や貿易の自由化など経済面でのメリットが強調されるようになり、最近は新しく加盟した東欧諸国からの移民の問題がクローズアップされていました。

 移民に職を奪われる、これは確かに移民の方たちと競合する仕事についている労働者にとっては大問題です。しかし、その半面、移民の労働力なくして、経済が成り立たないという現実もあります。

 そこにいわゆる右派あるいは民族派といわれる政治勢力がつけ込み、いま世界中に排外主義の大きなうねりが起こってきております。

 自分と違った民族は差別していいという考え方はいずれ、自分と考えの違う人間を差別するという非寛容の社会につながってしまいます。

 人間の知性によって、ようやく国境という壁を越えて、人類が共存していこうという流れが出来つつあったのに、それが世界的に失われていくのを阻止しなければなりません。

 理念の問題だけではありません。

 明日から始まる株式市場や為替市場は大混乱が予想されます。

 安倍さんは無理に無理を重ねて円を大量に刷り増し、なんとか円安を作り出し、輸出増で大企業を支えてきました。

 しかし、一転して明日から株安・円高の世界が出現します。経済原則に反したマイナス金利まで導入したアベノミクスの本質、すなわち、見せかけだけの数字で実体経済は何も良くならなかったという実態が国民の目に曝け出されます。

 国民がアベノミクスの失敗に今度のことで気づいてくれ、参議院選挙できちっと野党に勝利をもたらしてくれれば、この世紀の国民投票にもいいことがあったと言えるかもしれません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー