記事一覧

議論ができない日本の総理、安倍さん

6月23日(木)

 昨日から参議院選挙が始まりました。昨日は民進党候補の出陣式に行ってきました。

 千葉県は激戦区です。3人の定員のところに有力な5人が立候補しています。何としても野党で2人を当選させなければなりません。

 選挙を受けて党首討論が記者クラブやテレビで行われています。

 すでにネットでも話題になっていますが、報道ステーションにでた安倍総理は酷かったですね。他の人が喋っているのに平気で割り込む。自分の話は長々とするのに、他の人が意見を言っている時にはきちんと聞いていない。

 しかも、質問には全く答えず、質問と関係のない自分の主張だけを平気で繰り返す。これでは議論になりようがありません。

 安倍さんは国会でも質問にまともに答えません。安保法制の時も質問にまともに答えないから議論が全く深まることがありませんでした。安保の時には意図的に質問にまともに答えなかった面がありましたが、普通の質問にも答える能力がないことが一連の討論で明らかになったと私は思います。

 アベノミクスが上手くいっており有効求人倍率も上がっている。大企業も未曽有の高収益を上げている。国民が聞きたいのは、それなのにどうして実質賃金が下がっているのか、何より、うまくいっているのならどうして消費税増税を二度も先送りしなければならなかったのか。

 こうした疑問に対して安倍さんは全く答えようとしていません。いやむしろ答えられないと言った方が適当でしょう。

 全く口から出まかせというのはこのことを言うのではないでしょうか。したり顔に自分に都合のいい数字だけをあげつらって国民を騙す。

 アベノミクスを上げて三度目の選挙です。3年半うまくいかなかったものが、これから2年でうまくいくはずはありません。

 さらに許せないのは、アベノミクスという国民受けのいい?政策を掲げながら、その実、選挙に勝ってやりたいことは、全く別のことだということです。これまで二回の選挙でもアベノミクスを掲げながら選挙に勝った途端に、特定秘密保護法案を成立させたり、安保法制を強行採決してきました。

 今回も全く一緒です。勝てば必ず憲法改正を行ないます。それにもかかわらず、昨日の第一声でも憲法にはほとんど触れませんでした。

 こんな不誠実な嘘つきにこれ以上、政権を任せる訳にはいきません。野党が圧勝すれば安倍政権を退陣に追い込むことができます。そこに焦点を当てて頑張りましょう。

 今日は夕方6時から松戸駅で夕立ちをします。時間がある方、寄ってみてください。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー