記事一覧

これ以上、舛添知事の言い訳を聞きたくない

6月8日(水)

 マスコミは連日、舛添知事の政治資金疑惑事件を報じています。正直、ニュースを見るに堪えません。

 いくら言い訳しても、辞めざるを得ないという判断すら出来ないのでしょうか。いくら時間がたっても都民、国民の理解が得られるはずがありません。

 それでも、知事の椅子にしがみ付くのは、よほど知事の地位が気持ちよかったのでしょう。SPと秘書に囲まれて、どこに行っても知事、知事とちやほやされる、そんな思いを一日も長く続けたいという執着心が、醜い居直りを続けさせているのでしょう。

 それにしても、です。猪瀬前知事の時も、さんざ醜い言い訳をした後で、結局、辞めざるを得ませんでした。今回も結果は同じになるでしょう。

 舛添知事を応援した自公の責任は大きいものがあります。今辞めると、次の知事選がオリンピックに重なるとか、次の知事候補がいないとか、全く自分たちの都合だけで、舛添知事の追及に及び腰になっている。これが自公の正体です。

 結局は、自公は自分たちのことしか考えていない。

 安倍政治の本質ともシンクロします。

 安倍総理は消費増税を見送る言い訳にサミットまで利用しました。「絶対に先送りはしない」と断言していたことを、平気で撤回する。

 本来なら謝って政治的責任をとって辞めるのが筋のところを、アベノミクスのロケットをさらに噴射させるとか、意味の分からないことをいって、居直ってしまいました。

 マイナス金利にまでして、お金を動かそうとしましたが、動きませんでした。金融政策では効果がないことが明らかになると、今度は財政出動です。赤字国債を発行しようが、税収増分を使おうが、借金がさらに膨らむことに変わりはありません。

 これで効果が出れば、まだしも、そんなことは微塵も期待できません。無責任というしかありません。それでも支持率が落ちないのは、国民の政治に対する期待がいかに無くなっているかの証拠です。

 民進党の責任も大きいと言わざるをえません。安倍政権は大企業に、民進党は国民に焦点を当てた政治を行なう、その違いを強調しなければなりません。

 そのためには国民が安心して生活を楽しめるように、持続可能な社会保障改革を行なう、その手順を示してこそ、民進党の支持率が上がってくると考えます。今日、岡田代表が松戸に来ますが、そんな話が聞けるのではないかと期待します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー