記事一覧

沖縄の惨殺事件、全国で抗議の声を上げよう

5月22日(日)

 今日は常盤平市民センターで毎月恒例の「市民フォーラム」を開きます。たくさんチラシをまきましたので何人の方が来てくれるか楽しみです。

 沖縄でまた悲惨な事件が起きました。繰り返し、女性や子供が犠牲になる。その度に政府は米軍に抗議し、米軍も再発防止に力を入れると表明する。
 
 しかし、実態はなにも変わらず、また事件が繰り返される。こんなことが続いているのも、残念ながら多くの本土に暮らす人が、沖縄のことを他人ごとと考えているからに他なりません。

 自分の土地に置き換えてみれば、沖縄の人たちの怒り、憤り、恐怖が分かると思います。

 根本的な解決は沖縄から米軍基地がなくなることです。米軍基地の74%もが沖縄に集中している、こんな現実を放置し続けてきた責任は本土に住む我々一人一人にあります。

 日米地位協定のことも話題になっていました。基地の中は基本的に治外法権です。また、公務中という理由をつければ日本側は米軍人を逮捕できませんし、裁判権も米側にあります。

 沖縄の大学に米軍ヘリが墜落した時、日本側は立ち入ることすらできませんでした。あの時、沖縄はまだ占領状態が続いているとつくづく思ったものです。

 こんな理不尽を日本政府は何十年も放置し続けてきました。そしていま、新たな基地を辺野古に作ることを強いようとしています。

 沖縄の人たちの一部が、こんな事態を打開するためには「独立」を、考えています。独立すれば米国と一対一で交渉ができます。

 日本政府に任せていたのでは解決できない、それで犠牲になるのは沖縄の人たちだけという事態を放置しておくわけにはいきません。唯一の解決方法は、独立しかないという考えに至ってもなんの不思議もありません。それほど事態は深刻です。

 本土に住む人たちも自分の問題として声を上げなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー