記事一覧

謙虚に、民進党としてゼロから出発

ファイル 694-1.jpg

5月8日(日)

 今日、民進党の千葉県連結成大会が開かれました。たくさんの党員サポーターの方に参加して頂き、結束して、再度、政権を目指していくことを確認しました。

 1996年に旧民主党を立ち上げたときのメンバーはもうほとんど残っていません。96年の衆議院選挙で当選したのはたった2人でした。その一人が私です。連合が今年、結成27年だそうですから、まだ、当時、連合も結成されたばかりでした。

 結党以来、選挙のたびに人数を増やしていき、2009年にはついに政権を取るまでに成長しました。千葉県連では1区から13区まで全ての総支部で衆議院議員がいるという時もありました。しかし、マニフェストの杜撰さもあり、信頼を失ってしまい、下野してもう3年半がたちました。

 それを考えると感慨深いものがあります。民主党を生み、育ててきたものとしては、党名を変えることは耐え難いものがあります。それでも決まってしまった以上、民進党という党名で再度頑張るしかないと思っています。

 さて、このところ連日、地元周りをしています。その時、最もよく聞かれる声は「どうして民主党は反対ばかりしているのか」という質問です。しかし、これは事実に反しています。実は国会に提出される法案の9割近くには賛成しています。

 安保法制のような対決法案というのは1割もありません。野党ですから、国民の命を左右するような法案には全力で反対しなければなりません。当然、マスコミも反対法案については大きく報じます。

 しかし、野党が賛成している法案については、中身はともかく、あえて野党も賛成しているとは書きませんから、多くの方が、民主党は反対ばかりしていると考えてしまうようです。

 また、どうして対案をださないのかという質問も良く受けます。これも誤解です。対決法案では、ほとんどきちんと対案を提示しています。しかし、野党の対案が成立する見込みはゼロですから、対案を出したという報道はなされても、扱いや中身についての報道はなきに等しい状態ですから、誤解を受けているようです。

 もう一つ、民主党は経済運営に失敗したという指摘も良く受けます。しかし、実際には民主党時代の経済成長は3年間で5,0%、安倍政権になってからの成長率2.4%を上回っているのです。したがって、これも誤解です。

 民主党の経済政策が見えないという声も聴きます。自民党の経済政策は大企業を良くすれば中小企業や働く人もシズクを受け取って恩恵を受けるというアベノミクスです。失敗は今や明らかです。民主党は国民生活を良くすることに最重点を置いています。これが最も異なる点です。

 民主党政権が良かったと今更いうつもりはありませんが、誤解だけは解いておかなければなりません。いずれにせよ、我々は民進党としてゼロから出発するということです。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー