記事一覧

戦う桜井南相馬市長

ファイル 688-1.jpgファイル 688-2.jpgファイル 688-3.jpg

4月11日(月)

 昨日は松戸市民劇場に桜井勝延南相馬市長をお迎えして拡大市民フォーラムを開きました。日曜日の夜にもかかわらずたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

 発災以来5年間、南相馬市民の先頭に立って、まさに戦ってきた桜井市長だからこその発言に、参加者一同、大いに感銘を受けました。

 桜井市長によれば、それまで選挙になど行ったこともないと思われる人が、発災以来、もっとも熱心なクレーマーとなり、集会を開けば必ずやってきて、クレームをつけていくそうです。

 クレームをつければ、そのクレームがどう処理されたかに関心を持ちます。その結果、南相馬市民は市政に関心を持つようになり、いまや政治的に成熟した市民になったそうです。

 市長は徹底的に市民の立場にたって市政を推し進めてきたそうです。市民のためになると思えば、官庁との喧嘩も辞さずという話に迫力がありました。

 たとえば、低被ばくのごみをそのまま放置しておけば、復興の妨げとなる。環境省は反対しても、その低被ばくのごみを護岸工事の基礎部分に入れて処理してしまった。市長が桜井さんでなかったら、南相馬の今はどうなっていただろうという、思いを多くの参加者がもったはずです。

 南相馬市は原発から20キロから30キロしか離れていません。それにもかかわらず、当時、国も東電も正式に避難情報を桜井市長に対し、何も出さなかったという話にびっくりしました。

桜井市長は自分で判断して市民を避難させたそうですが、鈍い市長だったら多くの市民が被ばくしていたと思うと恐ろしい話です。

 ともかく原発は一度事故が起これば、そこに人が住めなくなってしまう。そんなものを再稼働させていいはずはない、という市長の発言は、いまも避難を続けている市民が大勢いる市の市長の発言だけに強い説得力があります。

 桜井市長の話を聞いて、再稼働反対の意思が更に固くなりました。

 桜井市長のエネルギーのもとは、毎朝のジョギングだそうです。出張する時にもジョギングシューズとランニングウェアは必ず持っていくそうです。私はできませんが、大いに見習うべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー