記事一覧

違憲状態を政権交代によって元に戻さなければいけません

3月30日(水)

 昨日、安保法制が施行されました。これで、日本は集団的自衛権を行使できるように大きく変化してしまいました。

 もとより歴代内閣が、集団的自衛権の行使は憲法上できないとしてきたものを、安倍内閣が勝手に解釈を変えたもので、多くの国民は、この暴挙を認めていません。

 あらゆる法律は憲法に違反してはいけない、というのは立憲主義の原則です。安倍内閣はこの大原則を無視したわけですから、安倍内閣の存在自体が憲法違反だと言えると思います。

 ドイツのように憲法裁判所があれば、安保法制は直ちに違憲の判決が出て無効になるのですが、日本にはありません。

 安保法制は憲法に違反しているという裁判も起こされていますが、結論がでるまでに時間がかかりますし、実際に最高裁が判断をするかどうかもわかりません。

 このまま時間が過ぎていけば、安倍政権は安保法制に基づいた、自衛隊の変質を進めていくはずです。そうなる前に、この憲法違反の安保法制を廃止しなければなりません。その唯一の手段は、次の選挙で野党が勝ち、政権交代を実現して安保法制を廃案にすることです。

 昨日の日経新聞の世論調査は、「安保法制を廃止すべきではない」という人が「廃止をするべきだ」という人より多くなったと報じていますが、時間の経過とともに、諦めてしまうというか、決まったことは仕方がないという人が増えてしまいます。

 政府もそれを狙って、安保体制が変わったという既成事実を積み上げていきます。だから一刻も早く政権交代をしなければなりません。

 それでも昨日、一昨日とシールズをはじめとする若い人たちが国会前に集まり、安保法制廃案の声を上げ続けてくれていることに、おおいに励まされます。安倍内閣の暴挙に対抗するためには、持続する反対運動が何より必要です。

 話は変わりますが、一昨日、2年間も行方不明だった女子中学生が無事発見されました。犯人が大学生だったというのが驚きでした。

 犯人はごく普通の学生だったという話が出ていました。そうではなくて自分の部屋に女子中学生を監禁しているという、事実があったから普通でいられたのではないでしょうか。異常な性格が露呈しなかったのは犯罪を犯し続けていたからに他ならないと思います。

 貴重な貴重な2年間を奪った卑劣な犯行をした学生が、普通であるはずはなく、普通に見えたのは人質を取っているという事実が彼の心を平静にさせていただけ、ということを忘れてはいけません。

 救助された女子中学生がお父さんに向かって笑顔で手を振ったという報道に、救いを感じます。周りがそっと見守ることを祈らずにはいられません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー