記事一覧

国民は福田政権にノーと言っている

12月17日(月)
ファイル 68-1.jpg忘年会での乾杯

ファイル 68-2.jpg後援会からのうれしい贈り物

 8日に事務所主催の忘年会を行いました。毎年やっているもので、事務所を手伝って頂いている女性陣の手作りの料理をみんなで楽しみました。集まった人たちから、一日も早く選挙をやってほしいという声が相次ぎました。
 来年3月末までに全ての行方不明の年金問題を解決すると約束したにもかかわらず、単に「あれは努力目標だった」とか、「選挙だったので縮めていった」とかいう自民党大臣の発言に、みなさん怒り心頭に達しているようでした。
 こうした声は何も地元だけではなく、日本全国民が思っているようで、今日の日経新聞の世論調査の結果を見ても、福田内閣の支持率が10%以上も下落し、支持率と不支持率が逆転しました。また、すでに各種世論調査でも、福田内閣が無理やり通そうとしている新給油法案に対して、ここにきて反対が賛成を上回るようになってきました。また、三分の二の多数で再可決することに対しても批判が強くなっています。
 民主党の支持率も上がっています。民主党は攻勢を強めていかなければいけません。もし、福田内閣が民意を無視して再可決をするようなら直ちに問責決議案を出すべきです。臨時国会が終わったといって、問責決議が可決されても無視をするようなら、通常国会で、もう一度、問責決議をすればいいのです。二度も問責決議を上げられれば、総辞職するか、解散総選挙をするしかなくなるはずです。国民はいまの福田政権にうんざりしています。このチャンスを逃してはいけません。
 先週の土曜日に銃撃事件で二人の方が亡くなりました。犯人は自殺してしまいましたので、はっきりした動機は分かりませんが、理不尽というしかありません。最近、理由もはっきりしないままの殺人事件が多いような気がしてなりません。恨みがあれば殺人をしていいということには勿論なりませんが、理由無くして殺されてはたまりません。社会に堆積した不満が、殺人を呼ぶのでしょうか。社会病理として解明しなければなりません。

ファイル 68-3.jpg北松戸駅にて朝立ち

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー