記事一覧

小さく生んで、大きく育てましょう

3月28日(月)

 昨日、民進党の結成大会に行ってきました。ニュースでご覧になった皆さんはどんな印象を持たれたでしょうか。

 民主党が誕生してから20年たちました。人間でいえば成人式を迎える年です。その時に名前を変えて出直すから過去のことは忘れてくれといっても、あまり説得力はありません。

 本当に出直すというのであれば、代表選挙を行なうしかなかったはずです。党員サポーターを入れた選挙を行なう時間がない、というのが代表選を行なわなかった理由のようですが、時間が無くてもやらなくてはいけないこともあるのだと思います。

 党名を変えるということにはいろいろな思いがあるはずです。それを代表選でぶつけあってこそ、新党名もみんなが納得する名前になったはずです。

 このままいくと代表選挙は参議院選挙が終わった後ということになりそうです。衆参同日選挙が行われる確率が半分以上あると思いますが、そうなると全ての選挙が終わった後に代表選挙ということになってしまいます。

 仮にダブル選挙が行われ負けてしまえば、代表選挙どころではないはずです。その意味でも代表選挙をやるべきだったと私は思っています。

 まあ、終わってしまったことは今更いっても仕方がありません。私も民進党の一員ですから、民進党を盛り立てて政権党にまで育て上げなければなりません。

 今日発表された世論調査を見れば、自民党の体たらくにみんなうんざりしているようですが、肝心の内閣支持率は下がっていません。

 選挙で自民党が勝ってしまえば、憲法改正が行われて、戦後、日本が築き上げてきた平和主義、国民主権、基本的人権の尊重という大事な三原則が危機に晒されます。

 それを阻止するためには、いまの民主党ではダメだという結論が出て、新党結成に至ったということです。これからやるべきことは野党共闘の輪をもっと広げていくことです。

 衆議院の小選挙区で野党協力をすることが自民党を破る出発点です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー