記事一覧

大震災から、もう5年か、まだ5年か

3月11日(金)

 今日で東日本大震災から5年が経ちました。

 いまでもあの日を思い出すと、異常な一日だったなと思います。

 私は議員会館の部屋にいたのですが、地震発生から3時間ぐらいずっと部屋は揺れ続けていたような記憶があります。

 そのうちに津波の映像が入ってきて、これはとんでもないことが起こっているな、と愕然とした覚えがあります。

 発災の直後は、救助の邪魔になるといけない、ということから被災地に入ることを民主党が禁止しました。

 それでも一週間ほどして事務所の駐車場に支援物質を受け付けるテントを設けました。実にたくさんの方から支援物資や支援金を頂きました。

 それらをもって南相馬にトラックで行きました。体育館に大勢の人が避難しており、発災から二週間以上たっていましたが、まだ茫然自失の状態の人がたくさんいたように記憶しています。

 こちらも初めて被災地を見て、やはりかなり動揺していたのは事実です。それでも、援助物資を届け、出来立てのパンと地元で大量に援助してもらった新しい下着を喜んで受け取ってもらい、少しは役だったかなと感じたのを覚えています。

 二回目は1ヶ月ほどして岩手、宮城、福島の三県を訪れました。この時は友人から預かった石鹸やクリームなどの化粧品と支援金を届けました。この時は、全ての地域で市長さんや町長さんにお目にかかりました。

 どの首長も使命感が表情として顔に現れており、そんな表情の顔を見た経験がなくびっくりした覚えがあります。

 その後も何回も被災地に行きました。一面の瓦礫が、つぎに行った時には片づけられ山になり、次いで整地され道路ができと、変化していきましたが、肝心の人々の暮らしというのは戻っていません。

 膨大な資金が被災地に投入されました。5年たって考えてみると、もっと有効な資金の使い方があったのではという気がします。いくらインフラを整備しても、そこに帰ってくる人々の暮らしが成り立たなければ何の意味もありません。

 阪神淡路の大震災がありました。あんな酷い地震はもうこないだろうと思っていたら東日本大震災が来ました。明日にもまた大地震が襲ってくるかもしれない不安定な地に私達は暮らしています。

 備えあれば患いなし、という言葉がありますが、いくら備えても防げない災害というのがあるのも事実です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー