記事一覧

こんな無責任な政府はいらない

12月13日(木)
 「来年3月末までに行方不明の年金を最後の一人まで明らかにする」というのは参議院選挙の時の自民党の公約です。そう思っていたら、どうやらこれは、選挙用のリップサービスだったそうで、行方不明の年金は行方不明のまま、来年になっても数千万件残ったままになることが明らかになりました。
 この深刻な事態に対して福田総理は、「それほど重要な問題ですかね」と、まるで他人ごとのように記者の質問に答えていました。国民生活といかに乖離した生活を送っているのか、この一言でよく分かります。安倍さんといい、福田さんといい、年金などなくても何の心配もない人たちに、年金問題を任せておくのがおかしいといわざるを得ません。
 C型肝炎の問題でも、福田総理は裁判所の和解勧告を見てからと、被害者の声を直接聞こうとさえしません。製薬会社が汚染されたフィブリノゲンを投与し、肝炎に感染している事実を厚生労働省が把握しながら、患者に通告しなかった。もし厚生労働省が患者にこの事実をすぐに伝えていたら、早めに処置ができ、重い肝臓病にならなかったはずです。製薬会社の責任はもちろんですが、それを知っていながら、患者に知らせず、資料を倉庫に放置した厚生労働省の責任はさらに重大です。
 裁判所の判断を待たずに、国の責任を認め、患者の救済に直ちに乗り出すのが当然であるにもかかわらず、それをしない政府とは一体何なんでしょう。
 どちらも厚生労働省が絡んでいます。厚生労働省は国民の生活と命を守る重要な役所ですが、その省が命も生活も大事にしないのでは、国民は安心して生活をすることができません。また、それを監督する総理が、全くの無責任体質では国民は救われません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー