記事一覧

安さを求める悪循環が悲劇を招いた

1月18日(月)

 今日は雪が降り、非常に寒い日になっています。

 今日の冷たさ以上に悲しい事故が先週起こりました。希望溢れる大学生の未来が一瞬にして奪われてしまいました。若い人が理不尽に亡くなってしまうことほど悲しいことはありません。

 どうしてこんな悲惨な事故が起こってしまったのか。バス会社、旅行会社等、人災以外の何ものでもありません。安くしなければ事業がなりたたない環境に中小企業が置かれていることが、人災を引き起こしたものと思われます。

 競争が激しいから少しでも料金を下げて客を集めようとする旅行会社、そのためには少しでも安い料金でバスを確保しなければならない、バス会社はバス会社で安い料金で引き受けるために、また安い料金で運転手を確保しようとする、こうした安さを求める悪循環が安全を疎かにする背景にあったと断言できます。

 本当の経済成長とは国民生活を豊かにするものでなければいけません。それをどこでどう間違えたのか、安倍政権は国民生活を犠牲にしてまで経済成長を達成しようとしました。

 経済成長させるためには企業の国際競争力を強化しなければいけない。日本の人件費はアジア諸国に比べて高すぎる、だから給与を下げなければいけない、ここに政策の誤りの根本があります。

 実質賃金が上がらないから個人消費が伸びない。それでもデフレ脱却のためには物価を引き上げなければいけない、そこで大幅な金融緩和を実施して金をばら撒く、当然円の価値は下がるから円安となる、消費が増えないから設備投資も増えない、したがって余った金は株式市場に回らざるを得ない、結果として円安で大企業が利益を増やし、株式市場は上がったというのがこれまででした。

 しかし、このシナリオも今や破たんし、利益は大企業の内部留保として留め置かれ、安倍政権が誇った株高も、結局は成長戦略が破綻したことによって、今や逆風に晒されています。

 消費税を上げたのは何のためだったのか。その理由は財源を社会保障費に充てて、安心して暮らせる基礎を作ることでした。しかし、消費税が上がっても一向に社会保障体制が充実する訳ではありませんでした。

 少ない収入の中から将来に備えなければならない国民は、自己防衛のために消費を控える。中小企業は少ない消費を奪い合うように安売りに走る。

 一体、誰にいいことがあったのでしょうか。今や、国民一人当たりの所得は世界27位まで下がってしまいました。収入が減って満足する人はいません。格差が広がってごく一部の人は収入が極端に増えたかも知れませんが、大多数の人は収入が減り、生活が苦しくなってしまいました。

「国民を不幸にするアベノミクス」という結論がでたのではないでしょうか。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー