記事一覧

考え行動する来年に

ファイル 656-1.jpg

12月27日(日)

 今日から年末年始のお休みという方も多いと思います。

 年末は何かとあわただしいものですが、今年のように気温が高いと何か切迫感がないような気がします。

 今年もいろいろなことがありました。なかでも、最も大きなものは安保法制が成立してしまったことでしょう。

 戦後一貫して守ってきた憲法9条の理念が大きく揺るがされました。

 平和を守るのは軍事力なのか、人々の連携なのかが世界で問われています。

 ISという私たちの理解を越えるテロ集団が世界中で行動しています。その煽りをうけて多くの難民がシリアからヨーロッパに向かいました。その最中にパリのテロが起こりました。

 ISの支配地域に容赦なく空爆が行われています。どんなことになっているのか知る由もありません。取材に出かけた日本人ジャーナリストが囚われの身になっているという報道もありました。
 
 憎しみの連鎖からは何も生まれませんが、どうすれば、この連鎖を止めることができるのか、その方法が分からなければ、混乱は増すばかりです。

 紛争のおおもとには貧困、差別、格差、宗教対立があることは分かっています。それを取り除くことができれば、紛争の拡大を防ぐことが出来ます。でも、どうやったら、それらの要因を取り除くことができるのか。

 諦めてしまえば、「もう対立するものは殲滅してしまえ」という破滅に向かって一直線ということにもなりかねません。

 諦めずに考え続けるしかないと思います。

 希望の火はあります。安保法案を巡って若い人が反対の行動に立ち上がってくれたことです。多くの市民も自分の貴重な時間とお金を割いて反対運動に立ち上がりました。

 法案が成立してしまえば運動は終わるというのがこれまでの常でした。しかし、今回は諦めるのではなく、反対運動に集まった人たちが、再度集まって反対運動を持続させるための「市民連合」を作りました。
 
 先週の土曜日には千葉市で、千葉版、市民連合ともいえるものが立ち上がりました。私も1人の市民として参加しました。

 考えるしかありません。たくさんの人々が集まって考えれば、解決でいないと考えられてきた問題も解決できるかもしれません。そこから始めるしかありません。

 今年の最後に、今年私が読んだ本の中で、特にお薦めの本をご紹介します。

 「海を照らす光」(M・L・ステッドマン)早川書房
 「美しき廃墟」(ジェス・ウォルター)岩波書店
 「一人でいるより優しくて」(イーユン・リー)河出書房新社

 ご意見ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー