記事一覧

所得、アジア一位は遠い昔

ファイル 655-1.jpg

12月21日(月)

 先週、シンガポールに行ってきました。それで、このコラムを一週休んでしまって申し訳ありませんでした。

 クリスマス休暇が近いということもあって大変な賑わいでした。シンガポールの一人頭の国民所得は世界第9位で5万6286ドル〈2014年〉です。日本は世界27位、3万6221ドルですから約2万ドルの開きがあります。

 平日のショッピングセンターでもたくさん人がいて、みんな買い物袋をぶら下げていました。日本のデパートに平日行っても、ほとんど人がいないのとえらい違いです。

 日本のように政府が音頭をとらなくても給与は毎年アップしており、旺盛な消費がGDPを盛り上げているということでした。

 日本では共働き夫婦のための保育園の整備が喫緊の課題ですが、シンガポールではごく普通の家庭でもメイドを雇うのが一般的で、保育園が不足というような事態はおこらないそうです。だから安心して夫婦そろって働けるということでした。

 国が小さいからできるという話もありますが、それなら日本も連邦制にして一つの県の単位をシンガポール並みの600万人程度にすれば、シンガポールのような環境が実現できるかといえば、そんなことはないと思います。

 要は上手く税金を使えるかどうかということです

 日本では補正予算の編成がほぼ決まりました。目玉は低所得の高齢者に一律3万円を臨時給付金として支払うことのようです。これだけで3000億円かかるそうです。これで景気が良くなるはずはありません。

 これを選挙目当てのばら撒きと言わずして何と言うのでしょうか。来年夏の参院選を控えて、少しでも自民党票を集めようという露骨な選挙対策費です。それを国民の税金を使ってやろうというのですから、もう世も末です。

 来年度予算も編制中です。防衛費が5兆円を突破しました。防衛費はGDPの1%以内という縛りがずっとかかっていました。それが安保法制の成立を受けた途端に破られ、初年度まず5兆円突破となりました。

 これは始まりにすぎません。きっと何年か後には10兆円になっているのではないかと懸念しております。きちんとした税金の使い方をしないと、日本の一人当たりの国民所得はもっと落ちて、いずれ世界50位以下になってしまうのではないでしょうか。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー