記事一覧

暫定税率を10年間維持とは、なんとも呆れた判断

12月7日(金)
道路特定財源になっている暫定税率を廃止してガソリン代を引き下げるべきだと前のこの欄で書きましたが、政府自民党は昨日、この暫定税率を10年間延長し、かつこれを道路特定財源として維持していくという最悪の決定をしました。国民がガソリンの高騰で苦しんでいる時に、公共事業を当てにした土建業者にだけ迎合して、必要もない道路まで作ろうとする自民党とは一体、何なんでしょうか。
 厳しい財政事情で社会保障費までカットしようというときに、道路財源だけは何としても守りたいと自民党と公明党は言います。その理由は、土建業者が集票マシーンになっているからに他なりません。なんとサモシイ根性でしょう。特定の人たちにだけ利益供与をする、こんな政治は止めにしなければなりません。
 さて、国会のほうはどうやら会期延長になりそうです。少し前なら「会期延長→参議院で否決→衆議院に再送付され3分の2で再可決→参議院で問責決議可決→衆議院解散」という道筋が見えていましたが、どうも、民主党も腰が据わっていないようで、簡単に解散ということにはならないようです。
 そもそも会期を延長しなければならなくなったのは、参議院選挙の後、安倍総理の後継選びに時間がかかった自民党のせいです。あのごたごたがなければ会期を延長する必要などありませんでした。
それにもかかわらず会期を延長して、直近の民意である参議院の意向を無視して、衆議院で再可決するのは許されないことです。きちんと福田総理の問責決議案を出すべきです。また、二代も続いて総理が国民の審判を経ていないというのも異常な事態です。ねじれているのは参議院ではなく衆議院である点も合わせて民主党はもっと強くでるべきだと思うのですが、いかがでしょうか。
 昨日江田五月参議院議長に会ったら、どうも衆参とも嫌戦気分だと言っていました。攻めるべきときに攻めなければ勝機は掴めません。民主党の弱気が残念でなりません。
会期を延長するかどうかという大事な局面で、50人もの国会議員が外遊するというのも、いま一つ締まらない話です。中国との関係は大事ですが、代表など数人が行けば済んだ話のはずです。どうもいまの民主党には司令塔がいないようです。
 日曜日には街宣を行います。午前中が市川駅、本八幡駅、南大野、午後が五香、常盤平、八柱、松戸駅西口、伊勢丹前、松戸駅東口というコースで行います。時間がある方は、聞いて下さい。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー