記事一覧

揮発油税廃止をいまこそ訴えるべきだ

12月4日(火)
 ガソリン代が150円を越えています。これでは気軽にドライブに行くこともできません。また、流通業界などはモノを運べば運ぶほど損をしてしまうのではないでしょうか。年末にかけて、これから人もモノの移動が激しくなる季節に、この値上げは応えます。
 政府は値上げに対して何の対策も打っていません。民主党もいまのところ、対応策を打ち出していません。こんな時こそタイミングよく対策を発表するべきです。
 現在、ガソリンには揮発油税に加えて、暫定措置となっている租税特別措置法で同じ額の税額が上乗せになっており、これに加えて消費税も加味されているという「三重課税」となっています。租税特別措置は来年の3月までとなっていますが、これを廃止しなければなりません。
 租税特別措置は93年の12月から実施されました。特別に増税をしていたのですから、今回は異常な原油の値上がりですから、それに対処するため特別措置で同じ額の減税をするというのが妥当です。そうすれば、暫定的に揮発油税はゼロになります。
 いまリッター当たり、揮発油税と租税特別措置で48,6円の税金が掛けられています。これをゼロにすれば、ガソリン代がほぼ100円になります。こうすればモノも人もスムーズに流れることになり、景気にもいい影響を与えるはずです。ガソリンも他の商品と同様に消費税だけにするというのが本来の姿ではないでしょうか。政治は生活ですから、速やかにこうした案を民主党は打ち出すべきです。

ファイル 64-1.jpg
朝立ち:松戸駅東口

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー