記事一覧

グッドニュースとバッドニュース

10月6日(火)

 昨日は大きなニュースが2つ入ってきました。一つはノーベル賞受賞です。もう一つはあまり私はいいニュースだとは思いませんが、TPP交渉が妥結したということです。

 まず、大村智北里大学特別栄誉教授です。昨日会見を聞いていましたが、全て微生物がやったことで、自分は何をした訳ではないという、という謙虚な話に、ああ「この人はいい人だな」と思いました。
 
 それに引き換え、会見中にわざわざ電話をかけてくる安倍さんにはいつものことながら呆れました。
 
 大村さんのノーベル賞はグローバル・ヘルスに貢献したというのが受賞理由の一つでした。大村さんが開発した薬は多くのアフリカ人やアジア人を感染症から救いました。広い地域の多くの人たちを救ったというのがノーベル賞に値するというのですから、価値が高いと思います。
 
 バットニュースのTPPですが、どの新聞も締結をしてよかったとしています。本当にそうでしょうか。前にも書きましたが、この締結によってもっとも大きな影響を受けるのは農業です。
 
 安倍さんは農業は聖域としてしっかりと守っていくと言っていましたが、ふたを開けてみれば、予想通り、農業はスケープゴートにされました。
 
 きっと何年かすれば、日本の農業が廃れて、日本の原風景ともいえる、風にそよぐ水田もなくなってしまうかもしれません。また、北海道の牧場風景もなくなってしまうかもしれません。これも将来世代に全く無頓着な安倍政権だからだと私は思います。
 
 外国から安い肉や乳製品、農作物が入ってくるから消費者にはいいという話がありましたが、本当にそうでしょうか。米国のように遺伝子組み換え食品が盛んなところから、訳のわからない農産物が入ってくる危険を消費者はチェックできるのでしょうか。
 
 さらに、TPP締結にはISDS条項が入っています。これは投資家が投資先の国家の政策によって被害を受けたり、期待した利益が上げられなかった場合、投資先の国家を訴えることが出来るという条項です。
 
 しかも、この裁判は世銀傘下の国際投資紛争センターというところで行われます。米国は訴訟大国です。たくさんの弁護士がいて、薬害など大きな裁判を起こし、毎年多額の賠償裁判を起こしています。
 
 それが、日本政府に向けられる危険性が大きいと指摘されています。米国製の自動車が売れないのは日本の排ガス規制が厳しすぎるせいだと、訴えられる可能性があります。多額の賠償金を日本企業が払わなければいけなくなれば、その付けはいずれ消費者にも及んできます。
 
 TPPを結ぶことによって日本に何かいいことが本当にあるのでしょうか。また、例によって米国のお先棒を担いだとしか思えません。こんな外交をいつまで続けていいはずはありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー