記事一覧

ますます軍国化する日本、防衛装備庁の発足

10月 1日(木)

 安保法制が参院で強行採決されてから、早いものでもう二週間がたちました。国会前はすっかり静かになり、安倍さんは何事もなかったように、国連に出かけ、外交に力を入れているようです。

 マスコミも安倍さんがプーチン大統領に会ったという報道を大々的に流していましたが、会っただけで会談の中身は何もなかったようです。

 残念ながら、安保法案は国会で法案が成立したのですから、国会前に集まっても実際的な効果はありません。反対した多くの人たちも振り上げた拳のおろし場所に困っているのではないでしょうか。
 
 このまま静かになってしまえば、安倍さんの思う壺です。具体的にどうすればいいのか、中々思いつかないのが実状です。しかし、大事なことは継続です。引き続き、粘り強く反対の意思を示し続けていかなければと思っています。
 
 さて、今日、防衛装備庁という耳慣れない新しい庁が発足したそうです。防衛施設庁があるのは知っていましたが、装備庁という名称は初めて聞きました。
 
 報道によれば、武器輸出の窓口を一本化するために作られたそうです。前に触れましたように経団連が「国家戦略」として武器輸出を進めるべきと提言してびっくりしましたが、事態はもっと進んでいるようです。
 
 今日発表された経済統計を見ても、景気は一向によくなっていません。経団連は武器輸出に期待をかけているようです。

 「武器を輸出しない」というのは、「武力を行使しない」と並んで、日本人として大いに誇れることでした。しかし、今やその二つとも無くなってしまおうとしています。嘆かわしいことです。
 
 さらに安倍総理は国連で、難民救済に触れ、女性活用の方が先で、難民を受け入れる余地はないと発言しました。同時に、難民救済のために8億1千万ドル(約972億円)を拠出することも明らかにしました。
 
 かつて米国から「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」と言われて、自衛隊をイラクに派遣した日本です。あの時の派遣は必要ありませんでしたが、今度こそは、お金を出すだけではなく、きちんと難民を受け入れるべきでした。
 
 それをしないで、お金だけだす。これでは海外から批判されるでしょう。何といっても日本はシリア難民をたった11人しか受け入れていません。EUや米国が大量に受け入れている中、難民受け入れを増やすということすら決断できないで、どうして積極的平和主義などということが言えるのでしょうか。
 
 こんな日本ですから難民が来てくれるかどうか分かりませんが、ここは最低でも千人単位で難民を受け入れるべきです。これからだんだん寒くなります。早く手を打つことが重要です。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー