記事一覧

“新第三本の矢”にごまかされるな

9月25日(金)

 昨日、安倍総理は自民党総裁に再選されたことを受けて、記者会見し、“新三本の矢”なるものを発表しました。
 
 今日発表された物価統計によれば、先月の消費者物価は2年4ヶ月ぶりに0.1%前年より下落したとのことです。無制限の金融緩和を導入して以来,初めての下落ということです。
 
 安倍さんの三本の矢というのは、お金をじゃぶじゃぶ刷り増して、インフレにしようという、日銀さえその気になればできる政策でもなんでもない、いい加減なものでした。それでもお金が市中に溢れれば、普通であればインフレになるはずでした。
 
 ところが、いくらお金を刷り増しても市中には出回らず、結局、三番目の矢である肝心の成長戦略がないので、銀行に蓄えられるだけで終わってしまいました。
 
 行き場所の無いお金と、政府の年金資金が大量に投入されていたので、株価は高くなりましたが、それも世界経済、とりわけ中国経済の失速によって、下落傾向を辿り、元に戻りつつあります。投入した年金資金は目減りしています。目減り分を誰が責任をとるのでしょうか。
 
 ことほど左様に、安倍政権の三本の矢政策は完全に破たんしました。安倍政権がやらなければいけないことは、どうして三本の矢政策が失敗したのかを、総括し、その反省の上に立って、新たな政策を立てるということです。
 
 ところが、その逆に、失敗があからさまになる前に、目先を変えようとばかり、すぐに新第三の矢というのを出すのですから、国民を愚弄するにもほどがあります。
 
 その新第三の矢ですが、出生率を1.8にする、介護離職をゼロにする、GDPを600兆円にする、というものでした。
 
 安倍さんのお祖父さんの岸さんが退陣した後、池田首相が登場し、所得倍増計画を出したのをまねしたとしか思えない、GDP600兆円計画です。
 
 目指す方向は別に誰も反対するようなものではありません。でも、1000兆円を超す借金がある中で、どうやって実現するのか、という具体的な案は全くありません。完全に「絵に描いた餅」です。
 
 どう見ても、憲法無視の安保法案を無理矢理通して、支持率が、下がっている国民の目を安保から遠ざけて、将来は良くなるよという、ウソで、支持率を上げようという姑息な策としか思えません。
 
 国民を甘く見てはいけません。そんなことで、国民が騙されるはずはありません。一度目覚めた国民は怖いということを思い知らせてやらなければいけません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー