記事一覧

民意を無視した安倍“独裁”政権を退陣させよう

ファイル 626-1.jpgファイル 626-2.jpg

9月17日(木)民意を無視した安倍“独裁”政権を退陣させよう

 昨日、国会前デモに行ってきました。すごい熱気でした。
 
 私は午後6時ごろ霞ヶ関駅に着き、国会正面方面に歩いていきました。もう、暗くなっていましたが、すでにたくさんの人が集まっておりました。警察官の数もおびただしく、周囲はものものしい雰囲気に包まれていました。
 
 人をかき分け、かき分けして、だいたい30分くらいで正面前までたどり着けました。しかし、警備車両で道が分断されており、反対側を見ることができず、どこが演台で、どんな人がしゃべっているのかまでは全く分からない状態でした。
 
 スピーカーはたくさん設置されており、司会者の声や演説の内容は良くわかりました。
 
 私も集会には何度も出ておりますが、いつもは話をする側にいますので、実際に集会に一人の個人で参加したのは、学生時代にデモをして以来でした。
 
 演台の上からではどんな人が集まっているのか良くわかりません。しかし昨日は、集まっている人たちが、どんな人たちで、何を感じているのかが、よくわかりました。
 
 動員された人ももちろんいるのでしょうが、大半はごく普通の市民の方でした。年配の方から若い人、男性も女性も、本当に多種多様な人が集まっていました。共通していたのはみんなが怒っていたということです。
 
 昨日は、あいにくの雨でしたが、傘をさしている人は半分ほどで、あとはビニールカッパを着て、濡れながら大きな声で、戦争法案反対を叫んでいました。
 
 私は6時から8時半まで2時間半ほど正面玄関前にいました。今日の新聞を見ると、警察発表ではピーク時で1万3千人が集まったということです。警察発表は実際よりは少なくいいますので、ピーク時で恐らく2万人近くの人がいたはずです。
 
 私は8時過ぎに帰りましたが、まだまだ多くの人が詰めかけていました。12時過ぎまでも集会は続いていたということですから、延べの参加人数は3万人から4万人に達していたのではないでしょうか。
 
 国会前だけでなく、札幌、名古屋、京都、広島など全国の主要都市でもデモが行われたということですから、いかに多くの方が、安倍政権の暴走に怒っているのかが分かります。
 
 これだけの反対の声があるのを無視して、安倍政権は、この憲法違反の法律を可決したいようです。最早、独裁政権と呼ばなければなりません。

 すぐに選挙をして政権交代をしなければなりませんが、解散権は総理にある?ということになっていますから、それは実現できないでしょう。
 
 とすれば、集会、デモを繰り返して、安倍が自主的に退陣するように追い詰めるしか方法がありません。鈍い人間ですから、そう簡単には下りないでしょうが、どうしても下すしかありません。
 
 たくさんの仲間がいます。諦めずに、安倍を退陣に追い込むまで頑張りましょう。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー