記事一覧

安倍独裁政権を今後も続けさせていいのか

9月8日(火)
 
 自民党の総裁選挙は結局、対立候補が誰も出ず、安倍さんの再選となりました。
 
 国民の6割から7割の人が反対している安保法案を無理矢理通そうとしている安倍総理に対して、誰も反旗を上げることが出来ない自民党とは一体、どういう政党なんでしょうか。
 
 400人も議員がいるのにたった20名の推薦人を集められない野田さんも情けありません。誰も独裁者に意見を言えない政党に日本を任せる訳にはいきません。
 
 安倍さんはアベノミクスをさらに進めると発言していましたが、最早、アベノミクスは頓挫しています。いくら政府がテコ入れして株価を維持しようとしていても、株価は下落してしまいますし、日本の成長力は一向に高まりません。
 
 企業に重点を置くのではなく、国民生活に重点をおいた政策に転換しなければなりません。いつまでもアベノミクスというまやかしに投資するのではなく、地に足がついた政策に一日も早く変えなければいけません。
 
 昨日は久しぶりに国会議員や前議員と一緒に食事をしてきました。「いま民主党が頑張らないでどうする、民主党の頑張りが足りない」という話が大勢を占めました。
 
 万が一、この憲法違反の法律が成立してしまえば、もちろん、強引に通過させた政権は大きな批判を受けますが、それを阻止できなかった野党の責任も重大だという話もでました。
 
 法案を阻止するためには、出来ることは何でもしなければならない、その決意とそれを行動に移すことが大事だという意見が多くだされました。
 
 野党再編の話も出ました。私は「選挙を考えれば野党が一本化しなければならないのは分かるが、選挙は1たす1は2とはならない。場合によっては1以下になってしまうこともある。大事なのはどういう理念でまとまるのか。それがはっきりしなければ、選挙目当ての野合と見られて国民の支持をさらに失いかねない」という話をしました。
 
 やはり、いま大事なのはリベラル勢力の結集です。その中心に民主党がなれるのか、なれないのかが焦点だと思います。
  
 政策は安保法制反対、原発ゼロ、辺野古移転反対、TPP締結阻止でまとまれれば、いいと思います。これ以外の点は妥協の余地がありますが、この四つの政策だけは譲るわけにはいきません。これでまとまった政党が出来れば、必ず、国民の支持が得られます。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー