記事一覧

先制攻撃と農家破壊

7月29日(水)
 
 今度は首相補佐官の「法的安定性は関係ない」発言が波紋を呼んでいます。

 安倍総理が憲法を無視して安保法案を提出しているのですから、その補佐官が、国を守るためには法的安定性など考えていられないという主旨の発言をしても別に驚くには値しませんが、それにしてもいつから日本は法治国家ではなくなってしまったのでしょうか。
 
 この発言以上に問題の発言が、昨日の参議院特別委員会で飛び出しました。安倍総理は「相手が攻撃の意思をはっきりと表明していなくても集団的自衛権を行使できる」という旨の答弁をしました。
 
 この発言は、場合によっては、先制攻撃を認めるというように読める発言で、これまで日本が守ってきた専守防衛とは全く相いれません。

 米軍と一緒に戦争をするだけでなく、米軍あるいは自衛隊を攻撃する意思があると見なせば、どこの国にでも先制攻撃を仕掛けることが出来るというのですから、戦前の日本と同じになってしまいます。
 
 先の戦争の反省の上に憲法を創り、平和主義を貫いてきた日本も、こんな首相が出現すれば一夜にして変質してしまうのかと思うと、恐ろしい限りです。一度、権力の横暴を認めてしまえば歯止めがなくなってしまいます。だから、いま止めなければダメです。
 
 同じようにTPP交渉も最終場面を迎えているようです。誰のためのTPPか(アメリカのためのTPP)を考えれば、日本にいいことはほとんどないことはすぐにわかります。

 必要もないコメを米国から大量に買い付ける。乳製品の関税を引き下げる。どれも日本の農業を破壊する危険性を孕んでいます。

 日本の風景といって思い浮かぶのは、田んぼと里山です。田植え時期に日本の上空を飛べば、どこも田んぼに張った水がいっぱいで、本当に水と緑の島という印象があります。

 TPP交渉で妥協してしまえば、そんな日本の原風景ともいえるものが無くなってしまいます。平和という国の形をかえ、田んぼというかけがえのないものまで無くしてしまう。こんな横暴を許してはいけません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー