記事一覧

総支部定期総会を開催

 11月23日(金)14時から事務所にて、定期総会を行いました。
以下、その内容を一部抜粋します。

▼はじめに
 06年の衆議院7区補選に始まり、松戸市長選挙、松戸市議会選挙、統一地方選挙、参議院選挙と昨年から今年にかけて地元にとって大事な選挙が続いたため、6区総支部の開催が遅れてしまったことをまずお詫び申し上げます。
 党員、サポーターの皆様のご支援のお陰で、補選の勝利し、松戸市議会議員選挙では新人の森下彰司氏の当選と名木浩一氏の再選を勝ち取りました。また、統一自治体選挙では湯浅和子氏が三選を果たし、参議院選挙では二人の参議院議員を誕生させることができました。
 こうした各種選挙活動に取り組む中から、党支部の活動も強化され、現在、党員  人、サポーターも 人にまで拡大しました。各種選挙では党員、サポーターの皆様がボランティアとして活動し、それが民主党の飛躍につながっていきました。
 総支部では毎月、市民フォーラムを開催し、適宜、国会報告、県会報告、市議会報告を行ってまいりました。また、街頭活動や早朝の駅立ちなども定期的に行ってきました。さらに、ほとんど毎週、新聞を作りポスティングするなど、日常活動にも取り組んでまいりました。こうした地道な活動が選挙での躍進につながったものと総括しています。
 県会や市議会ではまだ民主党は少数ですが、参議院選挙で与野党が逆転し、国会の主導権はいまや民主党が握っています。マスコミでは“ねじれ”と表現し、何かおかしな現象が起こっているかのように言っていますが、それは民意をそれこそねじ曲げたものです。民意は、自民党政権はたくさんだということであり、次の衆議院選挙で民主党が勝利すれば、たちどころにねじれは解消されます。
 10月の大連立騒動では党員、サポーターの皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしました。お詫び申し上げます。両院議員総会で総選挙によって政権をとるということで意思一致しました。したがって、連立問題で皆様にこれ以上ご迷惑をご心配をおかけすることはありません。
 いずれにせよ参議院選挙によって、政権交代の土台ができました。本当の政権交代まであと一歩のところまできています。
 解散総選挙は、臨時国会の末、あるいは通常国会冒頭、おそくとも来年の3月に予算関連法案が否決されたときのいずれかの時期に行われます。6区総支部としても必ず小選挙区で勝利をするということで頑張ってまいりますので何卒、宜しくお願い申し上げます。

▼活動方針
 07年から08年にかけての最大の目標は、衆議院選挙に勝利することです。すでに参議院選挙で半分、政権交代は実現しています。あとは衆議院選挙に勝利し、完全に政権交代を実現させるのみです。
 長年にわたる自民党政権で、政官業の癒着が進み、政治腐敗は目に余るものがあります。強いものを強くすれば、弱いものも自然と強くなるという、思い込みの政策によって、国民の間に深刻な格差と分裂が生じてしまいました。政権交代によって、国民のための政治をいまこそ実現しなければなりません。
 総選挙は早ければ年内、遅くとも来年の春までには実施される見通しです。6区総支部として、総選挙に勝利する体制を早急に整えなければなりません。この大会を契機として6区総支部として選対本部を設置することを提案いたします。
 また、総選挙勝利のためには日常活動の更なる強化が何としても必要です。以下、具体的な達成目標を設定いたしますので、党員・サポーターの皆様のご協力を何卒、宜しくお願い申し上げます。
 政権交代しても地方議会の活動が強化されなければ、民主党の掲げる政策を100%実現することができません。したがって、次の各級選挙に向けて、いまから候補者を育てていくことが重要です。10年前に候補者養成塾「生政塾」を立ち上げましたが、これをさらに強化する必要があります。この面でも党員・サポーターの皆様のご協力をお願いいたします。

ファイル 61-1.jpg ファイル 61-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー