記事一覧

自民党の支持率が下がっても民主党の支持率が上がらない理由

6月29日(月)
 
 今日の日経新聞でも安倍内閣の支持率が低下していると報道されました。同時に自民党の支持率も下がっていることが分かりました。それはそれでいいのですが、気になるのが、民主党の支持率も自民党と同様に下がっていることです。

 普通、与党の支持率が下がれば野党第一党の支持率は上がります。ところが、どの世論調査を見ても、残念ながら上がるのは支持なし層ばかりで、民主党の支持率がテコの原理で上がることはありません。
 
 民主党が政権を失ってから、もう3年にもなりますが、支持率は10%を超えるまでに至っていません。この原因をきちんと考えなければいけません。
 
 理由ははっきりしています。民主党の態度がはっきりしないからです。国民の過半数が反対している集団的自衛権行使について、当初、民主党は「安倍政権の下では集団的自衛権の行使は認めない」としていました。
 
 こういうと、では「安倍政権でなければ集団的自衛権を認めるのか」という疑問の声が当然上がります。世論が、集団的自衛権の行使は憲法違反だという声が大勢になったので、民主党の当初の発言はあまり問題になってはいないように見えますが、実はボディブローのように効いて、支持率がいつまでたっても上がらないのだと私は思います。
 
 もっとはっきりと、軍事力を強化することによって国を守るのではなく、軍事以外のことで世界に貢献することで緊張を和らげ、地域の安定を図るのが一番の防衛力強化だと訴えるべきです。
 
 原発の再稼働についても、TPPについても、辺野古移転についても、どちらなのかはっきりしないことがいつまでたっても支持率が上がらないことにつながっています。きちんと再稼働反対、TPP締結反対、辺野古移転反対を打ち出し、自民党との違いを鮮明させることしか、民主党の支持率を回復させる方法はありません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー