記事一覧

数字はウソをつかない

ファイル 595-1.jpg

5月28日(木)
今日は早朝、「デフレの正体」の著者、藻谷浩介さんをお招きして「特別セミナー」を開催しました。多くの方にご参加いただき、盛会でした。
 藻谷さんからは、素直に数字を見れば、日本経済が今おかれている状況がよくわかるという話をしてもらいました。
 日本経済は失われた20年から脱して、大胆な金融緩和によって、再び景気が上向いている、というのが昨今のマスコミの論調です。
しかし、数字を見れば、バブル崩壊以降も日本のGDPはほとんど横ばい、バブルの崩壊や、リーマンショックという大逆風に見舞われた時も、日本の個人消費は大きく落ち込んでいなかった。すなわち、「日本経済は極めて底堅いということをこれらのことは証明している。」 したがって、安倍さんや黒田さんがやっているような極端な危ない政策をとる必要は全くない。いずればら撒いた大量の金は回収しなければならない。その方法も分からないし、どんなハレーションが起こるのかも想像もできない。緊急事態でもないのに、緊急の手段を取るのは間違いだ。
GDPが横ばいで上向かないのは日本の働く世代の人数が減少しているからだ。労働力人口が減っているのを補うために、女性が働いてくれることが大事だ。女性の就業率が低いのは大都市で、鳥取や山形などの日本海側の県が女性の働く率が高く、出生率も高い。女性が働きやすい環境を作ることが大事で、政治はそこに本格的に取り組まなければいけない、という分かりやすい話をしていただきました。
 「数字はうそをつかない。私は意見を言っているのではなく、数字を説明しているだけだ」という、いつもながらの藻谷さんの明快な話に出席者一同、目から鱗が落ちる思いでした。
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー