記事一覧

世論調査の結果と内閣支持率の矛盾

ファイル 594-2.jpgファイル 594-3.jpg

5月25日(月)世論調査の結果と内閣支持率の矛盾
 今日の日経新聞によれば、集団的自衛権の行使を可能にする関連法案の今国会での成立に賛成が25%、反対が55%と前回の調査より反対が増え、賛成が減ったという結果がでています。
 また、安倍首相の「米国の戦争に巻き込まれない」という説明に納得すると答えた人は、たった15%、納得しないとした人は73%にも達したということです。同じように政府の安保関連法案に関する説明が十分だとした人はわずか8%、不十分だと思っている人が80%に達したとしています。
 さらに沖縄県の米軍普天間基地の辺野古への移転については、計画通り移転すべきだが、33%と前回調査から3ポイント低下、見直すべきだは約半分の48%に達しました。原発の再稼働について進めるべきだは29%、進めるべきではないが59%に達したと報じています。
 極めてまっとうな国民の判断だと思います。しかし、ここらからどうしても私には納得できないのですが、国民の半数以上が反対している政策を強引に推し進めようとしている安倍首相の支持率が相変わらず50%もあることです。
 試験で途中の計算は全て正しいのに、結果だけが間違っているというようなものです。これだけ重要な問題で、国民の思いと大きく隔たっている首相だったら、退陣要求が国民から広くでてもおかしくありません。それなのに半数がいまだに支持していることが私には理解できません。
 結局は、国民の内閣支持率が急落しない限り、安保法制も原発再稼働も実現してしまいます。世論調査の結果に政府を従わせるには支持率を下げる以外にないのですが、そういう結論にもう長いことなっていません。
 民主党が当てにならないと思っている人が多い、自民党内に安倍さんに代わる人がいないと考えている人がたくさんいるのかもしれません。でも、このままいけば、国民の思いと大きくかい離した政策が実施されてしまいます。何とか、支持率を下げさせなければいけません。
 ところで、安倍さんは志位さんの質問にポツダム宣言は読んだことがないと答えました。戦後レジームからの脱却を言っておきながら、戦後レジームを作ったポツダム宣言を見たことがないというのは無責任も甚だしいと思います。
 去年、ポツダム宣言を作ったドイツのホテルを訪問しました。トルーマン大統領、チャーチル首相、スターリン書記長が集まって会議を開いたホテルと会議室が今も残されており、たくさんの観光客きていました。ポツダム宣言をすぐに受け入れていれば、広島、長崎の悲劇は起こらなかったのに、とその時思ったことを思い出しました。
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー