記事一覧

5月15日(金)中国は「知日ブーム」というのは本当だった

ファイル 591-1.jpgファイル 591-2.jpgファイル 591-3.jpg

安倍政権は集団的自衛権行使の為の法律を閣議決定しました。何度も指摘していますが、これは憲法に違反しています。もし集団的自衛権を行使したいのなら、堂々と憲法改正を国民に問うべきです。それをしないで、集団的自衛権を行使する法律を作ることは、安倍政権の下の日本が立憲主義に基づいた民主主義国家ではないことを認めることです。断じてそんなことを許してはなりません。
さて、北京、武漢、広州と三都市を4日間という駆け足で視察し、昨日帰国しました。中国を訪問したのは上海万博の時以来ですから約5年ぶりということになります。
北京では中国伝媒大学を視察しました。この大学はマスコミ関係に就職する人がほとんどが受験するという名門大学で、中国でも十指に入る人気大学だそうです。キャンパス内にはスタジオが設置され、地域のCATVに大学独自の番組を提供しているとのことでした。
 この大学には外国語学科があり、たくさんの学生が日本語を勉強していました。その中の2人に会いましたが、この秋から日本の大学に留学するのが楽しみだと話していました。
 武漢では看護大学で勉強しながらやはり日本語を勉強している学生に会いました。彼女らも日本語を勉強して日本で看護師になる夢を抱いているということでした。どうして、日本で働きたいのかと、聞いたら「日本が好きだから」という屈託のない答えが返ってきました。
 武漢では、高校でも日本語を勉強する学生が多いそうです。その中の二つの高校に行きました。授業の後で、20分ほど話をしました。日中の政治関係は必ずしも良好というわけにはいかないが、お互い隣の国どうして引っ越すわけにはいかない。仲良くしていくことが両国民にとっても最もいいことだという趣旨の話をしました。
週に10時間日本語の授業があるそうです。このクラスでも4人の生徒が今年中に日本にまず語学留学し、その後、日本の大学を受験するという話でした。制服はなく、男女共学でとても自由な雰囲気を感じました。生徒たちも生の日本の政治家の話をきいて大興奮でした。
 広州でも高校学校の関係者に会いましたが、多くの高校生が日本の高校生と交流したい、日本に修学旅行をしたいという希望を持っているということでした。
 日本では上海万博、北京オリンピックの後、尖閣問題もあり中国に対する関心は急激に薄れています。中国も反日気分が高まっていると報道されていたので、今回の反応は私には意外でした。
 日本では中国人の“爆買”が話題になりましたが、日本が嫌いなら訪日客が激増するはずはありません。そこを考えれば、報道は一方的だと気づけたはずですが、少し目が曇っていたかも知れません。
今日の朝日新聞に出ていましたが、「知日」、すなわち日本を知りたがる中国人が増えていると報道されていました。実際に行ってみて、日本を知りたがる中国人が増えていることは確かでした。
 武漢は日本軍と激戦が行われた都市です。したがって、もともと対日感情は良くなかったはずですが、若い人たちはそれはそれとして認識していても、アニメなどを通じて日本に興味があることは別問題として捕えているようでした。
 日本が中国に対して興味を失ったから中国もそうだと勝手に思い込んでいたことを反省しました。アニメ、日本食、日本製品を通じて日本にプラスのイメージを抱く中国人はたくさんいます。そうした人たちを大事にしなければいけません。両国民が仲良くすることが両国にとって最もいいことです。
ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー