記事一覧

県会議員選挙、千葉6区は勝利しました

ファイル 585-1.jpgファイル 585-2.jpgファイル 585-3.jpg

4月13日(月)
 昨日、県議会選挙が行われました。松戸、市川両市とも民主党の新人女性が3位当選を果たしました。みなさんのご支援に感謝申し上げます。
 松戸市の安藤じゅん子さんは市議一期を市川市の守屋貴子さんは市議二期を務めてからの挑戦でした。
 自民党は女性の活用を声高に叫んでいながら、ここ千葉県ではこれまでも、そして今回も一人の女性候補も立てませんでした。これでは女性の声が県会に届くはずもありません。自民党が言う女性活用がいかに口だけのものか、このこと一つ取ってみても明らかです。
 また、自民党は地方創生ということもさかんに喧伝しています。しかし、沖縄を見れば分かるように、沖縄県民が選んだ知事と会おうとすらしませんでした。沖縄県民の意思は、辺野古移転は罷りならぬということで一致しています。そんな沖縄県の県民の意向を無視して、「粛々と工事を進めていく」自民党に地方を重視しようという意思があるはずもありません。これも口だけということが明らかです。
 それでも今回の選挙で自民党はほぼ現有議席を維持したようです。これをもって自民党は地方においても安倍路線が支持されたと宣伝するでしょうが、そんなことはありません。自民党が現有勢力を維持したのは無投票の選挙が多かったからです。候補者がでずに、選挙にもならない選挙区がどんどん増えてしまい、結果として現職の自民党議員が議席を維持しただけです。
 候補者が出ないのも困ったものですが、投票率の低下も困ります。松戸でも市川でも投票率は40%に届きませんでした。投票率が50%を切った選挙は無効にするべきだと思いますが、現状のままでは、何回やっても選挙が成立しないというような事態も想像されます。 
 投票率が50%を切るというのが何回も続けば、確実に民主主義は成り立たなくなります。自分が納めている税金を国の官僚と地方の官僚が決めてしまっていいと、多くの日本国民は思っているのでしょうか。
 投票率の低下に歯止めをかけるためには、現行の選挙制度を見直さなければならないと思います。私は選挙人の登録制を取り入れるのがいいのではないかと思います。選挙人登録した人だけに投票権を与えるようにする。そうすれば、さすがに投票権がなくなるのは「嫌だ」という人がたくさんいるはずで、登録をすれば、投票をしようと思うのではないでしょうか。
 確か、この制度はオーストラリアが取り入れており、オーストラリアでは投票をしなかった場合には罰金が科せられることになっていました。だからオーストラリアの投票率は90%を上回っているという話です。投票率が低いのがこのまま続くようでしたら、日本でも検討に値すると私は思います。
 昨日はバンザイを二度しました。選挙はバンザイをして終わりです。私の選挙はまだ終わっていませんから、バンザイができるまで頑張ります。
ご意見ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー