記事一覧

またも起こった理不尽な出来事

3月27日(金)
 フランスで飛行機事故があり、150名の命が失われました。原因は副操縦士が故意にやったことと分かり、衝撃を広げています。
 日本でも1982年に日航機でパイロットが逆噴射をして羽田沖に墜落して多数の死者を出す事故がありました。この時は前日に赤坂のニュージャパンというホテルで火災があり多数の死者が出ました。
私はニュージャパンの火災の取材をして夜遅くにうちに帰り、早朝に羽田空港沖の事故現場に駆け付けたという記憶があります。事故現場を見た後に、被害にあった家族が羽田近くのホテルに詰めかけるのを取材し、飛行機事故の悲惨さを体験しました。
 朝あるいは昼に元気に出かけた人が突然、亡くなるのですから家族が受けるショックは大変なものがあります。事故であれば、何とか納得することが出来るかもしれませんが、命を任せているパイロットが故意に事故を起こしたとなると、全く救いがありません。
 どんな動機があったのか、いまの時点では分かりません。当人が無くなってしまっているので、最終的な動機は分からないまま終わってしまうのではないかと想像します。
 世の中の仕組みは性善説によって成り立っています。そうでなければ電車のホームで安心して電車を待つことなどできません。それが無くなってしまうと、世の中の仕組みそのものを変えなければなりません。
 今回の件とは違いますが、韓国の船の事故の際、逃げ出した船長がいました。これも間接的に乗員を殺したのと一緒です。これは責任感の問題ですが、人命を軽視していることは共通しているようにも思います。
 乗客の立場から言えば、どちらも防ぎようはありません。操縦室に常に二人にすればいい、というような防止策が論じられていますが、故意に事故を起こすような考えがある場合には100%防ぐことは不可能でしょう。根本は人命を預かる仕事にそういう考えをもった人をつかせないというしかありませんが、これもできない話です。
 原因が分からない限り、防止しようもありません。しかし、原因は分かりようもない。どうしようもないのでしょうか。
ご意見ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー