記事一覧

疑惑政治家は証人喚問応ぜよ

11月16日(金)
 昨日、参議院で証人喚問が行われました。宮崎元専務と守屋前事務次官と同席した政治家は久間章生、額賀福志郎の両氏と判明しました。両氏はこの会合への出席を否定しています。宮崎元専務も出席を認めているのに、なぜ否定するのか、きちっと事実関係を国会で参考人あるいは証人として証言するべきです。
 それにしても、接待付けにした“政商”と、接待され続けた高級官僚との宴席に、こともあろうに監督するべき防衛庁長官あるいは防衛大臣が同席するとは呆れてものも言えません。それだけ自民党の長期政権の下で、政官業の癒着がのっぴきならないところまで進んでしまっていることが分かります。宴会の経費も、ゴルフの経費も元を正せば私たちの税金ですから、許せません。
 守屋前事務次官は衆参の証人喚問で自分に対する接待は認めましたが、接待に絡んで便宜供与を計ったかどうかについてはついに口を割ることをしませんでした。「記憶にない」、「覚えていない」を連発されたのでは、どうしようもありません。ことは数千億円にものぼる防衛調達に関することです。さらに証人喚問を重ね、真相に迫っていかなければなりません。
 今日、船場吉兆に強制捜査が入りました。賞味期限を偽装していた吉兆の三代目が、「現場がやっていたことで自分は知らなかった」と弁明しました。それに対し、パートの従業員の人が、「自分で指示しておきながら責任を私たちに押し付けるとは」、と怒りの記者会見をしました。
 パートの人が自分の判断で、消費者を裏切るラベル張替えなどするはずはありません。また、こうした不正を行う動機がありません。自分で指示しておきながら、責任をパート従業員に押し付けるとは、とんでもない取締役です。きちっと責任をとって辞めるべきです。それにしても、老舗の名前が泣きます。
 さて、今日は松戸駅で駅立ちをしました。これで今週三回目の駅立ちでしたが、反応はいいままでした。民主党に対する期待と自民党に対する失望が大きい表れだと思います。今度こそ期待に応えなければなりません。

ファイル 58-1.jpg ファイル 58-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー