記事一覧

昨日の訂正と、中一殺害事件に対する思い

2月25日(水)
 昨日のブログで名前を間違えてしまいました。誠に申し訳ありませんでした。「松岡」ではなく「西川」の誤りです、訂正させて頂きます。松岡さんは言うまでもなく、還元水の疑惑をかけられ自殺をした元農水大臣です。
 さて、中学一年生が惨殺されるという事件が起きました。まだあどけない顔をした少年が、恐らく大勢の高校生や中学生に殺されてしまったものと思われます。苛めていたうちに死んでしまったという傷害事件ではなく、報道を見る限り、明らかに殺意をもって殺されてしまったようです。
 あんな小さな子供に対して恨みを抱くはずもありませんから、命の大切さなど全く考えられない未熟な連中がいびり殺してしまったものと推察されます。カッターナイフで切り付けるなど、想像しただけでも心が痛みます。
 なんとか防げなかったのかという論議が巻き起こっていますが、助けを求めれば、もっと苛められるのではという恐怖を当人が持ってしまえば被害者サイドから防ぐのは難しいのではないでしょうか。
 むしろ、まだ逮捕されていませんが、殺した側に対してそれを防止する方法を考えたほうが効果があるのではないかと思います。
 普通に考えれば犯人の親は子供が今回の犯行を犯したということは分かるはずです。それでもまだ自首してこないというのは、いかに犯人側の子供がほったらかされているのかということが分かります。
 子供を社会全体で育てようというのが民主党の子育て支援の考え方でした。子育てや介護を個人が孤立してやれば負担が多くなってしまいます。だから社会全体で担っていこうという方向を目指しました。しかし、政権交代とともに残念ながら中途半端に終わってしまいました。
 社会全体で育てるという環境になれば、今回のような犯罪が起こらなかったなどというつもりはありません。しかし、子供のまわりにもっとたくさんの目があれば、こんな事態にまでならなかった可能性はあると思います。
 子供が子供を殺す、こんなやりきれないことはありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー