記事一覧

言葉の通じない世界に生きるわれら

1月21日(水)
 
昨日、驚愕のニュースが飛び込んできました。ついにというか、まさかというか、日本人二人がイスラム国に捕えられ、オレンジ色の服を着せられナイフを突きつけられている映像が全世界にネットを通じて流されました。
彼らの言い分は中東訪問中の安倍総理が中東諸国へ人道支援として2億ドルを贈る約束をしたことを、イスラム国への攻撃と見なし、その見返りとして2億ドルを身代金として支払えということです。
我々からすれば、こじつけとしか思えませんが、彼らからすると、イスラム国へ敵対する国に援助することは、自分たちへの攻撃に等しい、あるいはそう思い込んでいるようにみせかけ、身代金を要求したのでしょう。
接触の手段を全く持たないグループとどう交渉するのか、残された時間はあまり多くありません。人質の首を切るという残酷な映像が既に何回か流されていることを考えると、最悪の事態も予想されます。
身代金を支払えば、テロに屈したことになるほか、さらなる誘拐事件が起こる可能性が高まります。しかし、何もしなければ人命が失われてしまいます。あらゆるチャンネルを使ってともかく、話をする糸口をつかむしかありません。
難民の子どもたちの情報を危険を冒しても世界に報道しなければならないという使命感に燃えたジャーナリストが、捕えられ膝まずかされて、じっとカメラを見つめる目をみるのは、同じジャーナリスト出身のものとして耐え難い思いがします。
いつから世界は言葉が通じない世界になってしまったのでしょうか。無人機が人を殺すという場面も言葉がない世界の出来事です。人間は言葉によって進化してきたはずなのに、いつの間にか、言葉が通じない世界をつくりつつある、なんという皮肉でしょうか。
ご意見・ご感想はzxe04624@nifty.ne.jpまで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー