記事一覧

日本の常識が危うい

9月18日(木)
 朝日新聞が従軍慰安婦問題で訂正記事を出しました。謝罪がないということで、たいへんな朝日バッシングを受けています。“朝日的”な価値観に嫌悪感を持っていたメディアや個人が、ここぞとばかり批判というか、非難をしています。
 確かに、訂正が遅すぎたし、謝罪の言葉がなかったこと、さらにこの態度を批判した池上さんの記事を差し止めようとしたことなど、朝日新聞の対応に間違いがあったことは確かです。それに、朝日新聞の自分だけが正しいとする態度に、私も多少は不快感を持ってきたことも事実です。
 だからと言って、朝日的な価値観まで否定していいということでは、もちろんありません。良識を持った人間なら、当然、そう考えなければならないことを、朝日新聞は書いてきました。だから、朝、朝日新聞を読むと、自分の考えがそう大きく間違えてはいないと安心した人もたくさんいたのではないでしょうか。
 朝日バッシングをしている人たちは、こうした朝日的な価値観を何とか変えようとしている人たちです。戦後、日本が築き上げてきた民主主義を否定し、戦前の軍事強国になり国際的な影響力を強化したいと考えている人たちが、朝日を否定することで、戦後の価値観まで否定しようとしている、そんな考えが背後にあることが不気味です。
 安倍政権は日本を取り戻すと叫んでいます。どうやら安倍さんが取り戻したいのは戦前の価値観のようです。多くの日本人はそんな考え方にはついていきません。しかし、経済状況がさらに悪化し、自分の前途に希望が持てない人間が増えてくれば、極端に走りやすいということは戦前の日本が証明しています。
 アベノミクスがもうすでに破たんしていることは明らかです。それを認めない人たちは、さらに極端な経済政策を推し進めようとしています。このままいけば、格差と借金がどうにもならなくなる時がやがてやってきます。その時に、正常に戻すことは極めて難しい。その前哨戦が、常識は間違っているという朝日新聞叩きのように思えてなりません。
 こうした動きに連動するように経済界までが動いています。本来、経済は経世済民、すなわち国民生活を良くするための活動だったはずです。そういう動きをしていた時期もありました。
 しかし、いまの経団連は自分の会社さえ業績が良くなればいいと考えている人たちの集まりのようです。減税をしてもらう、経済特区を作ってもらう、残業代を払わない雇用制度に変えてもらう、それを無条件でやってくれる自民党政権には金を出そう、そんなさもしい考えを実行に移そうとしています。
 政官業の癒着が政治を歪めてきた。それを改めるために、国民からコーヒー一杯分のお金を出してもらうというのが政党助成金だったはずです。それにもかかわらず、平気でお金を貰おうとしている。
 こんなおかしなことが罷り通る日本になろうとしています。安倍さんは宇宙まで軍事利用しようと発言をしています。第四の経済成長の矢は軍事化だと指摘している人もいます。恐ろしいことです。それでも支持率が下がらない。こんなことでいいのでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー