記事一覧

「一寸先は闇」では、本当はすまされない

11月7日(水)
政界は一寸先は闇といいますが、まさにそれを地でいったような形で小沢代表が辞意を撤回し、代表の座に止まることになりました。
 それにしてもここ数日の混乱は何のためだったのでしょう。一人相撲に付き合わされた国民の皆様に徒労感だけを与えてしまいました。何かが始まったわけでもない、そして何かが終わったわけでもない。本当に空騒ぎでした。その意味で小沢代表の責任は重大で、まず率直に国民にお詫びをするべきです。
 代表に戻るからには、民主党内に賛意がなく、国民の支持もなかった「大連立」を明確に否定することが欠かせません。この問題をうやむやにしたまま、代表として戻ってきたのでは、私たちも胸を張って、選挙で政権交代をという従来の主張をすることができません。「あれは自民党からの呼びかけで、自分の政策実現のために、先走ってしまった」ということを今日の記者会見で、丁寧に国民に説明してほしいと思います。
 今回の件では小沢さんが、自分の息のかかった人たちだけを率いて、党を出るのではないかという疑念を生じさせました。もし、そんなことをすれば、参議院選挙で示された民意を真っ向から否定することになります。国民に対する裏切り行為ですから、それも、今日の記者会見で明確に否定してもらわなければなりません。
 自分の党の代表がいつ出て行くか分からないというのでは、とても全面的にリーダーシップを委ねるわけにはいきませんから。
 昨日、一昨日といろいろな議員と話しましたが、何で攻めていた民主党が一転して攻められなければならないのか、それも自分の党の代表の一連の行動で、守勢に立たなければいけないのかと、苛立っていました。雨降って地固まるにしなければいけないというコメントがありましたが、そう簡単に地は固まるものではありません。
 いろいろ不満はありますが、もう終わったことです。大事なことは失ってしまった国民の信頼をどう取り戻していくかです。国会で私たちの考え方を十分に説明し、民主党案が一つでも多く国会を通過するように努力をするしか方法はありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー