記事一覧

アウシュビッツの悲惨

ファイル 538-1.jpgファイル 538-2.jpgファイル 538-3.jpgファイル 538-4.jpgファイル 538-5.jpg

8月27日(水)
ベルリン、ワルシャワ、アウシュビッツと視察をしてきたもので、しばらくブログが更新できずに申し訳ありませんでした。
89年11月10日、それまで超えることの出来なかったベルリンの壁の上に大勢の若者が立ち、ハンマーで東西冷戦の象徴だった壁を壊す映像は世界中の人々を驚かせました。壁の崩壊が冷戦を終結させ、東側諸国が相次いで民主化を成し遂げ、ユーロに加盟するなど21世紀の世界の枠組みを決定づける出来事でした。もう25年も前の出来事ですから、当時の東西両国民の歓喜に満ちた声は聞こえませんでしたが、中国人観光客でいっぱいのブランデンブルク門前の広場に立ち、歴史は一日で変わるのだということは、実感できました。
ブランデンブルク門に行く前に、門から数百メートルのところにあったヒットラーの防空壕跡を見ました。ヒットラーは防空壕内で自殺しましたが、いまではごく普通の集合住宅の前の広場で、碑がたっている訳でもなく、ドイツ国民にとって思い出したくもない場所だということがよく分かりました。
ベルリンの壁の一部は保存されており、二重に張り巡らされた壁がいかにうっとうしいものか、よく分かりました。ごく一部を除き壁は撤去されていますが、いまでも壁があった場所には道路にレンガが埋め込まれており、すぐに分かる様になっていました。
東西ドイツは統一されましたが、いまでも経済格差は全廃された訳ではないということでした。それは東側の古いビルをみれば一目瞭然でした。
ベルリンではアウシュビッツの出発点となったホームを見ました。数日後にアウシュビッツでこの線路の終着点を見ることになりましたが、実際にアウシュビッツを見るまで、その悲惨さを想像することはできませんでした。
ベルリン郊外でポツダム宣言を作成したホテルを見ました。当時、トルーマン米国大統領やチャーチル英国首相らが署名した机や部屋がそのまま残されていました。1945年7月に日本の全面降伏を求めたこの宣言を日本が受け入れていれば、広島、長崎に原爆が落とされなくて済んだはずだと思うと、残念な思いがしました。
ポーランドは第二次世界大戦でドイツとソ連から攻められるという悲惨な経験をしています。隣のチェコではチェコという国そのものが長い間、存在しなかったということです。ヨーロッパは国境を接しており、かつ宗教の対立もあり、長い闘争の歴史がありました。いまでも、クリミア半島がロシアに併合されたり、イスラエルがパレスチナを攻撃するなど、紛争は続いています。
アウシュビッツはワルシャワから500キロほど南下した場所にありました。線路の果てで、働けるものは収容所に、働けない者は直接、ガス室に送られたとのことでした。アウシュビッツの収容所は二か所に分かれており、小さい方がほぼ昔のまま残されていました。
天気のいい明るい日だったのですが、説明を聞き、実際に収容所の有様を見ていくと、誰の表情も暗いものになりました。たくさんのカバンや靴、髪の毛などが展示された収容所では思い余って目頭を押さえている少女もいました。
ここで130万人以上の人が殺されました。ユダヤ人だけではなくポーランド人やジプシーの人なども殺されたという話でした。ガス室のすぐ脇に火葬場があるのを見た時は、「戦争は、人間を人間としではなくモノとして平気で見てしまう、恐ろしい心理を生み出すものだ」とつくづく思いました。平和に暮らしていた人々が「ユダヤ」というだけで何の罪もないのに殺される、こうした事実を私たちは忘れないために、心が痛んでも行かなければいけない場所だと思いました。一つの救いは若い人がたくさんアウシュビッツを見学に来ていたことでした。
$FILE1
$FILE2
$FILE3
$FILE4
$FILE5

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー